NEW

ダイエットのキーワードは「GI値」

【この記事のキーワード】

, ,

 こんにちは!パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日お話しする内容は、GI値についてです。

 GI値とはグリセミックインデックスの略で、血糖値の上昇度を表す値になります。

 GI値には高GI値や低GI値が存在し、高GI値は血糖値を大きく上昇させ、低GI値は血糖値の上昇が緩やかになります。

 ここでのポイントは、血糖値をどのようにして上昇させていくかです。

 何故なら血糖値は急激に上昇するとインシュリン(インスリン)という血糖値を
抑えるホルモンが膵臓から大量に分泌されますが、この分泌量は血糖値の上昇スピードと関係性が高いです。

 血糖値は緩やかに上昇すればインシュリンの分泌量が抑えられますし、急激に上昇すれば分泌量は莫大な量になります。

 でも何故、インシュリンが大量に分泌すると良くないのか?

 それはインシュリンの働きにあります。

 インシュリンの主な作用は血糖値を低下させるものですが、その他に血中の糖を運び出し体脂肪として蓄えるという働きもします。

 つまりインシュリンが出れば出るほど、みるみる太っていくのです。

 ですから、GI値を気にすることは大切です。

 このGI値は食品の種類によって高さが異なります。

 それではGI値の高い食品と低い食品をご紹介します。

一般的に高GI値と呼ばれるものは

70以上=高GI値食品

中間は
56〜69=中GI値食品

低いGI値は
55以下=低GI値食品になります。

 わたしたちの主食であるパンやご飯は高GI値の分類で、その他にもグミやキャンディーなどのお菓子。

 GI値の低い食品は玄米やそば、フルーツなどです。

 同じ米でも白米→玄米にすれば高GI値から低GI値にする事が出来ますし、お菓子をフルーツにしたり、いろいろな工夫が出来ると思います。

 もし体型が気になってきたという方は低GI値を取ってみてください!

Pick Up

ダイエットのキーワードは「GI値」のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ