NEW

ジムで見かけるOOなトレーニング!アメリカではネタにされてる?

【この記事のキーワード】

インスタグラムのgymfuckry TV というアカウントはご存知でしょうか?

gymfuckery™(@gymfuckery) 

ジムで間違ったトレーニング方法やフォーム、おふざけを上げるアカウント

です。しかしたまに日本のジムでも本当にいます。

 

どうも!パーソナルコンディショニングトレーナーの

曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)

 

本日のテーマは

ジムで見かけるトレーニングの間違い

についてです!

 

ジムでよく見かける間違いその1

 

可動域がめっちゃ狭い

これは筋肥大にも普通に非効率ですし、『無駄にプレート使うなよ!』

と言われかねないので神経系を鍛えている目的がなければ

ベンチプレスは胸まで

スクワットは大腿骨が並行より下がるように

しっかりバーベルを動かしましょう♪

 

 

ジムでよく見かける間違いその2

デッドリフトで背中を真っ直ぐにしない

これは海外ならちょっとクスッと言われますw

有名な歌手ドレイクも笑われてましたw

怪我しなきゃいいとかではなく背中は真っ直ぐにしてスクワットしましょう!

 

ジムでよく見かける間違いその3

セーフティーバーはしっかり設定しましょう

ネタでもなんでもなくて危ないっす!

トレーニング歴が長かろうと、高重量でなかろうと

セーフティーバーは設置した方がいいです。

以前ゴリゴリのマッチョの方がウォーミングアップの段階で

バランスを崩して酷い脱臼をしてしまい手術を受ける程の怪我をしていところ

を現場で見た時は非常に怖かったです。

 

これらのことを変えるだけでも大きな怪我から自分を守り

健康寿命もトレーニングライフも一生物になるはずです(^-^)/

最後にソネダが一番笑った奴も載せておきますww

それでは本日も素敵な1日をお過ごしください〜♪

曽根田 健一 

IG: @KENSONE817


池袋・赤坂にてパーソナルトレーニング受付中です‼

学術的なトレーニングをしてみたい方!

下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】

『base BODY CONDITIONING』

https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9 

【INSTARGRAM】

https://instagram.com/kensone817?igshid=85lokn0yt467

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジムで見かけるOOなトレーニング!アメリカではネタにされてる?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ