NEW

ストレッチング、ウエートトレーニング・・瘦せられるのは

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

 

 

ストレッチにダイエット効果なし

「ウエストをしぼるストレッチの方法を知りたいのですが・・・」「”ぽっこりおなか”のやせ方を知りたい。職場も年齢層が高くなり、ちらほらぽっこりおなかの人が目立つようになりました。仕事の空き時間にできる簡単なストレッチがあれば教えてください。」多くの人たちにストレッチングのやり方を教えてきましたが、よくこのようなことをきかれます。

しかし、基本的にストレッチングには柔軟性に獲得、血流促進、リラックスなどの効果がありますが、カロリーの消費は少なく体脂肪の燃焼はあまり期待できません。ストレッチングをエクササイズとう枠の中にとられ、イメージが先行して誤解されているのでしょう。

ダイエットは食事による摂取カロリーの制限が大前提ですが、食事だけで効果を得ようとすると体脂肪よりも筋肉が減少する割合が高くなり、健康にも体脂肪の減少においても良い結果が得られません。場合によってはリバウンドによって逆に体脂肪を増やすことにもなります。

そのため、摂取カロリーの制限と平行して、ウエートトレーニングのような無酸素運動とウォーキングやジョギングのような有酸素運動を取り入れることが大事なのです。

 

無酸素運動+有酸素運動

まず、ウエートトレーニングのダイエット効果についてですが、これは長期で成果を得られるものととらえてください。ウエートトレーニングで筋肉を増やすと基礎代謝が増え、痩せやすい身体、そして体脂肪がつきにくい身体を獲得することができます。しかし、筋肉の増量は簡単なことではなく、少なくとも4ヵ月が必要なため即効性は望めません。長い目でみた痩せる身体の土台づくりととらえましょう。

反対にウォーキングやジョギングに代表される有酸素運動には、脂肪燃焼の即効性が期待できます。ある一定の脈拍を維持しながら有酸素運動を続けていくと、15~20分ぐらいから体脂肪の燃焼の割合が高くなります。すなわち、運動中、そして運動後、しばらくは体脂肪が燃焼しているわけです。ですから、コンテストに出場するような究極まで体脂肪を落とさなければならないボディービルダーも、減量期間に入ると毎日、様々な有酸素運動を行います。

ダイエットに近道はありません。体脂肪の減少を目指すなら、摂取カロリーの制限をしながら、有酸素運動とウエートトレーニングをバランスよく続けていくことが大切なのです。

 

ストレッチング、ウエートトレーニング・・瘦せられるのはのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ