NEW

腸内の善玉菌を増やす方法!

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

消化呼吸を助ける善玉菌

筋肥大を目指すためには、腸内環境を整えることも大切。腸の正常な働きを支えているのが、腸内細菌の中でも良い働きをする善玉菌です。

善玉菌は、食事から摂取した栄養素の消化吸収を助け、筋肥大や健康維持に貢献するビタミンB群やビタミンKを合成する。人間は体内でビタミンを合成できないため、善玉菌がビタミンを作って補っています。

主な善玉菌は、ビフィズス菌乳酸菌で腸内にある善玉菌の99%以上がビフィズス菌を占めています。腸内の善玉菌は加齢とともに減少するが、食事によって増やせます。善玉菌を増やすことで、免疫機能も強化され、ハードなトレーニングを継続できる体となります。

 

~腸内の善玉菌と悪玉菌~


善玉菌 悪玉菌
主な菌種

・ビフィズス菌
(ヘテロ乳酸菌)
・乳酸菌(乳酸桿菌)
(ホモ乳酸菌)

・ウェルシュ菌
・ブドウ球菌
・大腸菌
主な作用 ・消化吸収の補助
・ビタミンの合成
・悪玉菌の増殖を抑制
・免疫機能の強化
・整腸作用
・細菌毒素の生成
・発がん性物質の生成
・免疫力の低下
・便秘、下痢
特徴 ビフィズス菌は加齢とともに減少するものの、ビフィズス菌の増殖因子を含む食品で増やせる。乳酸菌は乳酸菌を多く含む食品で増やせる。 腸内で悪玉菌が増殖すると栄養をしっかり体内に吸収できなくなる。悪玉菌は善玉菌の代謝物である乳酸や酢酸の働きによって殺菌される。
優位性の判別 腸内で善玉菌が優位の時は大腸で正常に働くため、便通が良く、適度な硬さで黄色がかったバナナ状の便が出る。 悪玉菌が優位の時は便秘や下痢に。便も色が黒っぽく粘度の高い便または軟便が出る。さらに便の匂いも臭くなる。

腸内の善玉菌を増やす方法!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ