NEW

アルコールが分解過程と失われる栄養素

【この記事のキーワード】

本日はアルコールが分解される過程で失われう栄養素などをご紹介させていただきます。

 

本日のテーマ
・アルコールの分解過程
・アルコール分解過程で使われる栄養素

 

・アルコールの分解過程
アルコールを摂取してから胃と腸で20%程吸収されます。
その後肝臓で80%程吸収されます。
肝臓に入ったアルコールはアルコールデヒドロキナーゼにより酸化されて
肝臓でアセドアルデヒドになります。
次にアセドアルデヒドは体に有害なのでALDH(アセドアルデヒド脱水素酵素)により酢酸に変換されて無害になります。
酢酸になったらTCA回路など乗り、大量の酸素を使いながら、二酸化炭素と水に分解されてその後呼吸や尿で排出をされます。
ですがここで分解がされなかったらもう一度肝臓に戻り分解されるのを何度も繰り返します。
アセドアルデヒドが強い毒性のある物質ですので、この原因で吐き気や頭痛が起きるのです。
またアセドアルデヒドが長時間体内に滞在すると、二日酔いや悪酔いにつながります。
アルコール分解が起きるのは肝臓にあるミトコンドリアでおこなわれおり、
このミトコンドリアでの分解の際に大量の酸素と糖を使いながら分解をします。
またアルコールが弱い方はアセドアルデヒドから酢酸に変わる時の過程のアセドアルデヒド脱水素酵素の活性化がされにくいと言われています。

・アルコール分解過程で使われる栄養素
 ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、葉酸、ナトリウム、亜鉛など多くの栄養素がアルコール分解に使われます。
ですのでアルコールをよく飲む方は人に比べて体内の栄養が足りてないことになります。


ーーーーーーーーーーーーーーー

🔥パーソナルトレーニング受付中🔥

男性、女性関わらず受付しております。

お問い合わせなどもお待ちしております。

料金形態


回数券4回 ¥20,000

回数券8回  ¥38,000


低価格で高品質のトレーニングを提供させて頂きます。


InstagramのDMにて『体験』と送ってください。


https://www.instagram.com/personal.2222/

アルコールが分解過程と失われる栄養素のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ