NEW

【お肌の不調】で失敗しないファイナリストの肩こりケア

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

「このところ、肩こりが辛い」と、自覚しながらも放置していませんか?

新型コロナウイルス感染症の影響から、多くの人が運動不足に陥って代謝を落としています。また、デスク周りの環境がオフィスのように整っていない家庭で、長時間のテレワークを行うことで首・肩・腰の凝りに悩んでいる人も増加している様子。

さらに、先行きが不透明な時代の中で、健康・経済両面の将来への不安からくる精神的ストレスで、自律神経に乱れが生じたり、10月に入り急にくなってきてことで、知らないうちに肩をすぼめて上半身に力が入ったり…、何かと肩こりの要素が重なっています。

そこで今回と次回に分けて、私がミスコンテストなどのファイナリストたちにも伝えていたお肌と肩こり解消エクササイズについてお伝えします。


≪自分史上最高にチャレンジする出場者たち≫

たかが肩こりと、高をくくって肩こりを放っておくと、日常生活に支障をきたすほどに痛みが酷くなってしまったり、肥満の原因になったり、肌荒れの原因になったりします。

ミスコンテスト・ミセスコンテストなどに出場する際には、プロポーション・ウォーキング・ポージング・スピーチ・表情・プレゼンテーション力・教養など、様々な角度から審査をされます。もちろんお肌のクオリティもチェックされています。

 

≪美ューティ≫

多くのコンテストでは、各地区で予選を通過してファイナリストに選ばれると、全国大会出場に向かってスキルアップセミナーが開催されます。

私は、主にウォーキング・ポージング・ダイエット(食事・運動・睡眠)を中心に講師を担当していました。

集中レクチャー開始の時点ですでにBMI(体格指数)判定では「痩せ」に該当する人が多くいる現場です。通常参加者の多くが肥満傾向にあるダイエット教室とは違った指導が必要です。

ファイナリストに選ばれるまでに、すでに皆さんそれぞれが目いっぱい頑張られてきています。そこからさらに健康面に磨きをかけながら、プロポーションを改善していくために特殊なノウハウが必要になります。

 

次回は、「詳細にアプローチしながら全体の美を高めていく考え方」をお伝えします。
お楽しみに。


今回の記事にいいねと感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日も美を全身で感じながら、凛と歩きましょう♪
マハロ~

【お肌の不調】で失敗しないファイナリストの肩こりケアのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ