NEW

なかやまきんに君の「胸トレ3種」で最強の大胸筋をつくる!

【この記事のキーワード】

, ,

 日々、筋トレに関する話題を身体を張って配信している、なかやまきんに君のYouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」。10月20日は、大胸筋の正しく効果的なトレーニングが学べる「【胸トレ】最強の大胸筋を作るダンベルチェストフライ3種目を徹底解説です。初心者の方でも自宅でのトレーニングの方も出来るやり方あります。」を配信していた。

 なかやまきんに君が「最強の胸のトレーニング」と呼ぶ、ダンベルチェストフライ。胸のトレーニングは、「プレス系種目」と「フライ系種目」に分けられる。プレス系種目は、上腕三頭筋や三角筋を使うため、重量を重くできるという特徴がある。一方で、フライ系種目は上腕三頭筋や三角筋をほとんど使わないため、重い重量は扱えないながら、より胸の筋肉に集中したトレーニングが可能だ。また、プレス系に比べてよりストレッチできるので、胸に強い負荷を与えることができる。しかし、やり方によっては肩や肘に負担がかかり怪我につながってしまうので、正しいフォームで行なうことが大切だ。

 まず、ダンベルチェストフライの基本動作は下記の通りだ。

•胸を張って肩甲骨を下げる
•ダンベルを下げながら肘を曲げる
•ダンベルを上げながら肘を伸ばす(ただし、伸ばしきらないこと)

 肘を伸ばしたままで行うと、必ず怪我につながるので注意が必要だと念を押していた。ダンベルを下ろしたときの肘の角度は、狭すぎると力が出ず、広すぎると肩や肘に負担がかかるので、実践してみて「一番腕がストレッチしている」と思うポイントを見つけよう。目安は、上腕が床と平行になったときに約90°になることだ。腕をさらに下に下げると、V字になるイメージだ。やりやすければ、脇をすこし締めてもいい。

 フォームのポイントを解説したあとは、今度は実践する際のポイントへ。ベンチシートに横になるときのダンベルの持っていき方から、ダンベルを上げ下げする際の呼吸法まで、とても丁寧に解説してくれている。

 このあとに続いて、インクラインダンベルチェストフライ、デクラインダンベルチェストフライの合計3種目のフォームと実践方法を、細かく説明してくれたなかやまきんに君。さらに、家でダンベルを持っている人向けに、最後は自宅でできるトレーニングのアドバイスもしてくれている。コメント欄を見ると、

「この徹底解説シリーズ、丁寧で分かりやすくて、非常にありがたいです」
「フライが難しく苦手意識がありましたが、この動画観てヤル気出ました」
「安心安全の Made by きんにくん」

など、お笑いタレントでありながら、毎回、名前に恥じない分かりやすい筋トレのノウハウを欠かさずチェックしている視聴者は多いよう。筋トレに興味がある人は、チャンネル登録をしてみるのもいいかもしれない。

なかやまきんに君の「胸トレ3種」で最強の大胸筋をつくる!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ