NEW

【ウォーキング】運動が苦手な人におすすめの筋力強化方法

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

新型コロナウイルス感染症の影響による外出機会の減少は、多くの人の歩行量を大幅に減少させてしまいました。その影響から、コロナストレス・コロナ太り・コロナ老化の予防解消にウォーキング&ジョギングが注目を浴びています。

適度な有酸素運動は、血液やリンパの流れを改善して生活習慣病の予防や免疫力アップ効果が期待できます。
そこで今回の記事では、「ガッツリと運動するのは苦手だけれど、このまま老けていくのは嫌だ」という人50歳からの健康法をお探しの方に特におすすめの内容です。

≪筋力強化に必要な運動強度≫

運動による健康効果を高めるOKポイントは、“運動強度”がカギを握ります。もちろん、のんびりだろうが、おしゃべりしながらゆっくり歩いていようが、気分転換などの運動のメリットはあります。

しかし、筋力強化や心肺機能の向上などの健康効果を高めるためには、運動強度を少し上げる必要があります。いわゆる中強度の運動が大切になってきます。

 

それでは、通常のウォーキングの運動強度はどれくらいあると思いますか?

 

個人差はありますが、だいたい安静時の3~4倍ほどです。のんびりゆっくり歩いているときの運動強度は低強度となり、颯爽と早歩きをしているときは中強度になります。

歩くスピードを上げたり、坂道や階段をウォーキングコースに入れたりして、運動強度を少し上げることで、のんびり歩きだけでは得られない健康効果を手に入れましょう!


≪今回のまとめ≫

筋力強化のためには、中強度の運動を加えること。きつい筋トレが苦手な人や50歳を過ぎて自分の筋力低下に危機感を覚えた人は、ウォーキングで行える筋力強化がおすすめです。

意識的に早く歩いたり、歩幅を変えたり、コースやフォームを変えたりして、筋力アップを目指しましょう。まずは、早く歩くだけでも自然に姿勢が良くなったり、歩幅が伸びたりして筋肉も鍛えられるので、できるところから実践に移していきましょう!

次回は、具体的に変化をつけたウォーキングをご紹介します。お楽しみに。

今回の参考動画→

歩く速さ ウォーキングスピードの目安

今回の記事に共感できたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日も筋力アップを意識して、颯爽と歩きましょう♪
マハロ~

【ウォーキング】運動が苦手な人におすすめの筋力強化方法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ