NEW

消化吸収~肝臓の働きを助ける!噛む回数が重要!~

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

 

オルニチンで肝臓をケア

タンパク質

摂取量が増えると代謝を行う肝臓の負担も大きくなるため、オルニチンというアミノ酸でケアすると良いです。オルニチンを摂取すると、肝臓でのオルニチンサイクル(有害物質であるアンモニアを無毒の尿素に変換する回路)が活性化され、肝臓の負担を軽減することができます。

~オルニチンを多く含む食品~

・しじみ

 

・ぶなしめじ

 

・本しめじ

 

消化吸収が悪くなる早食い

よく噛むことは消化吸収を高める最も簡単な方法です。噛む回数を増やすだけでさまざまな効果が得られます。

まず噛む回数を増やすと、満腹中枢に作用するホルモンが長時間分泌されるため、食後の満腹感が長く持続します。食事誘発性熱産性(DIT)によるエネルギー(カロリー)代謝も増え、ダイエット効果が期待できます。さらに、行内では唾液を通して消化酵素が分泌され、食事の消化吸収をアシストします。食事ではよく噛むことを意識しましょう!

~噛む回数とホルモン分泌~

・よく噛むことにより食品が細かく潰され、紹介酵素のアミラーゼを含む唾液  の分泌量が増える。

・ひと口につき40回噛んだ時のほうが、15回噛んだ時より満腹中枢に作用して  食欲を抑制する消化管ホルモンのコレシストキニンが長時間分泌された。同  じ量を食べてもよく噛むほうが食事の満足感は高くなる。

消化吸収~肝臓の働きを助ける!噛む回数が重要!~のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ