NEW

各部位の分割法を取り入れて鍛える

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

各部位を分割して鍛える

「分割法」とは、「胸」や「腕」「背中」「脚」など、全身の各部位を分割して鍛えるトレーニング法です。各曜日で異なる部位を鍛え、1週間トータルで全身を鍛えていきます。ボディービルダーやアスリートが行う筋トレも分割法が基本となります。

1度に全身を鍛えると、トレーニング時間が長くなって集中力が持続せず、筋肉の分解も進行します。

また、1度に多くの筋肉を鍛えても、1回に摂取できるタンパク質量や、1回に合成できるタンパク質量には限度があるため、効率的に筋肥大効果を得ることができません。ほかにも長時間の筋トレには、疲労で途中からトレーニング強度が落ちるデメリットもあります。

しかし、分割法は1回のトレーニング時間が短縮され、筋肉の分解もある程度抑えられます。ほかにも各部位の回復期間を取りながら効率良く全身を鍛えられる利点もあります。

また、1回の筋トレで鍛えられる筋肉を絞ることによって、刺激した筋肉に対し、筋肥大が可能となる量のタンパク質をしっかり供給できます。

~長時間トレーニング弊害~

1、筋肉の分解が進む

2、筋肥大の効率性が低下する

3、疲労で筋トレの強度が落ちる

~分割する主な部位~

・胸=大胸筋

・肩=三角筋

・上腕前部=上腕二頭筋

・腹=腹直筋、腹斜筋

・背中=広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋

・上腕後部=上腕三頭筋

・下半身

(脚)=大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋群

(尻)=大殿筋、中殿筋

Pick Up

各部位の分割法を取り入れて鍛えるのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ