NEW

プロテインはそもそも何故必要?

【この記事のキーワード】

こんにちは!

YouTuber兼トレーナーの
草野球プレーヤーモトです⚾️

今回は気になってる人も多いかもしれません。

プロテインについて話をしてみようと思います!

プロテインってそもそも何?

私はよくお客様に「お勧めのサプリメント」の話をします。
その一つにプロテインも含まれますが、必ず飲まなければいけないと考えているわけではありません。

サプリメントは日本語に訳すと「栄養補助食品」、プロテインは「タンパク質」という意味です。
食事で足りなかった栄養素を補完し、プロテインはタンパク質の摂取量を増やす手段です。

そのため、食事で必要量を補えているのであれば、プロテインをわざわざ飲む必要はありません。

1日のタンパク質の必要量はどのくらい?

普段、運動を行わない人のタンパク質の必要量は体重(kg)×1g/日程度、
体重が70kgであれば70gが1日の必要量となります。

肉や魚100gに対して、タンパク質の含有量が大体18~25g程度。
3食バランスよく食べれば、体重×1gはクリアできる数字です。

が、スポーツや筋トレに励んでる場合は必要量が変わります。
運動の強度や頻度によっても変化しますが、体重の1.2~2g程度と言われています。

国際スポーツ栄養学会では、激しいトレーニングを高頻度で実施するアスリートの場合は身体づくりのために必要なタンパク質量は1.7~2.2g/日程度ではないかと示唆しています。

体重×2gとすると体重70kgの場合は140g…
肉、魚で換算すると700g/日となり十分に摂取するための難易度が一気に上がります。

例えば、朝に納豆と卵、昼に肉を120gと卵、夜にも240gと卵を食べたとし、ご飯等に含まれる数字を考慮してもタンパク質の摂取量は100g弱程度と計算できます。

200gのタンパク質を食事からのみ摂取しようとすると、肉や魚には糖質、脂質もそれなりに含まれており1日の摂取カロリーの必要量をオーバーしてしまいやすいというデメリットがあります。

タンパク質を十分に摂取するためには?

そこで、登場するのが「プロテイン」です。

多くのプロテインは付属のスプーンで1杯で20g程度のタンパク質を摂取出来ます。
(中には用途別でタンパク質の含有量が少ない場合があるのでしっかりチェックを)

これを水または牛乳200mlに溶かして飲むわけですが、
食事で摂るより効率的にタンパク質の摂取量を増やすことが出来ます。

ちなみにタンパク質20gのカロリーはたったの80kcalです!

余計なカロリー摂取も避けることができてダイエットにもお勧めです!
「プロテインを飲むと太る神話」が嘘ということも理解出来ますよね?

プロテインは飲むと筋肉がつくわけではありません。
冒頭の繰り返しになりますが、1日のタンパク質摂取量を十分にするための手段です!

是非、有効活用してみてください。

さて、本日の記事は以上となります。
この話が誰かの役に立てば嬉しいです。


YouTubeチャンネル「草野球プレーヤー「モト」〜野球上達ヒントch」
のチャンネル登録もよろしくお願いします🤲

では、また。
⬇︎オリジナルパーカー、Tシャツ作りました!
スズリ 草野球プレーヤーモトのショップ

ピッチング上達のためのオススメ本⬇︎
1.野球における体力トレーニング基礎理論
2.ダルビッシュ有の変化球バイブル
3.ノーラン・ライアンのピッチャーズバイブル

プロテインはそもそも何故必要?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ