NEW

【懸垂/チンニング】正しいバーの持ち方

【この記事のキーワード】

, ,

 今日は、懸垂(チンニング)の、バーのつかみ方について触れていきます。

 まず、持ち幅についてでう。

 懸垂に取り組んでまだ間もない方や、特別にここを鍛えたい、という目的でやっている方以外は、肩幅よりも少し広めくらいがベストだと思います。

 理由は、幅が狭すぎると背中の動きが制限され、腕の力を頼った懸垂になりやすくなってしまいます。

 一方、広すぎると、今度は可動域が狭くなってしまい、背中全体ではなく、二の腕、腕の付け根の力を頼ることになってしまいます。

 また、負荷が高くなり、正しいフォームを作りにくくなる、腕の力で強引にやろうとしてしまう可能性が高くなる、というデメリットもあります。

 トレーニングに慣れてきたら、幅を調整して意図的にいろいろな場所に効かせていく、というのはありだと思います。

 次に、持ち方です。

 基本は順手で、出来るだけ薬指、小指に力を入れることを意識していきます。

 どうしても、親指、人差し指あたりに力入ってしまう、という方は腕の力を使おうとしてしまっているという証拠です。

 逆手での懸垂は、順手よりは力が入りやすいかもしれませんが、背中が丸まりやすく、腕の力に頼ってしまいやすくなります。

 順手、逆手、共に胸を張って、姿勢よく(反り過ぎには注意!)、ひじから引いて背中全体を使っていくことを意識してみて下さい!

【懸垂/チンニング】正しいバーの持ち方のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ