ボディメイクとスポーツ選手の筋トレの違い①

 今日は、スポーツ選手向けの筋トレと、ボディメイクの筋トレの違いについて考えていきたいと思います。

 まず、前置きとして触れておきたいのが、「どちらが良くて、どちらが悪いという訳ではない」ということと、「どちらの方がキツくて、どちらの方が簡単」ということもない、ということです。

 特によく耳にするのが「ボディビルダーの筋肉は、見た目だけで実際には使えない」という意見ですが…、私個人的には、全然そんなことはないと思います。

 大きい筋肉は、当然パワーがあるし、そうでなければ、重たい重りを持って筋肉を壊していくことはできなかったはずです。

 強いて言うならば、スピードや瞬発系のスポーツには、少し身体が重かったり、キレが失われてしまうかな、という部分でしょうか。

 たとえば、こういった問題は、ラグビーやアメフトのトレーニングを見てみると、解決のヒントを得られる可能性があります。

 あれだけ大きな身体を持ちながら、素早く走ることもできる。体力もある。すごいですよね。

 逆に、パワーの部分や、身体全体のバランス、という観点では、ボディメイクの選手の方々に勝ることはできないと思います。

 そして、ボディメイクを個人、もしくはトレーナーとの2人3脚で1年間の計画を立て、シーズン中は厳しい食事制限や計画通りに妥協せずにトレーニングを続けるメンタリティは本当に素晴らしいと感じます。

 次回は、実際にトレーニングの内容について迫っていきたいと思います。

Pick Up

人気記事ランキング

SNS