NEW

よく躓く人は股関節の筋力低下が原因

【この記事のキーワード】

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 躓くという行為は、皆さん経験があると思います。

 実際、年齢関係なく、若い人でも小さな段差で躓くという事はよくあるそうです。

 若い人たちは不注意であることが多いです。

 スマホを見ながら歩いていたり、会話に夢中になっていたばかりに躓くといった感じです。

 一方、高齢になると1人で歩いている時に躓いたりします。

 原因は腿を上げる筋肉の低下です。

 専門的にいうなら、股関節を屈曲させる筋肉です。

 股関節を屈曲させる筋肉は大腿直筋という腿の前にある筋肉と、腸腰筋という腰部にあるインナーマッスルです。

 この筋肉が弱くなると腿を上げることが難しくなり、実際に上げていると思っている高さと実際に上がっている高さは全く違うという形になります。

 その相違によって、小さな段差で躓いてしまうのです。

 ですので、ある程度、筋力を付けることが必要です。

 トレーニング方法は簡単で負荷は余分に掛けなくていいので、その場で腿上げをする事です。

 

躓き予防トレーニング 腿上げ

 脚を腰幅程度に開き、そのまま腿を上げていきます。

 無理に上げようとすると骨盤が後傾するので、骨盤はニュートラルの状態をキープしたまま上げるのがポイントです。

 ぜひ試してみてください!

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

よく躓く人は股関節の筋力低下が原因のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ