NEW

【圧倒的に美しくなるために】気を付けたい「立ち姿勢」

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

今回の記事は、「疲れにくく美しい立ち方を知りたい人」「圧倒的に美しくなりたい人」に向けて書きました。該当する人は、是非最後までご覧ください。


≪心の元氣をOK姿勢でサポート≫
前回の記事では、姿勢と心の密接な関係について書きました。今回は、圧倒的な美しさを手に入れるために必要な2つの姿勢と立ち方のチェックポイントを解説します。

*正しい姿勢や立ち方に関しては、たびたび取り上げていますので、ぜひバックナンバーもご覧ください。

「立ち方」に関する最近の記事はこちら→

【今さら聞けない?!】正しい立ち方の定義とは?

【覚えておきたい】正しい立ち姿の基本ポイント

 

これらの記事では、正しい立ち方の定義や、壁を活用した身体の後ろ側のラインのチェック方法、鏡を活用した正面から見た左右の高低バランス、足裏の重心バランスなどについて書いています。

今回は上記の記事の中で紹介している姿勢チェック時に、一緒に確認しておきたい2つのポイントをお伝えします。

 

1:真正面から見た時
 鼻・喉・胸骨・臍・両足の間が、床と垂直に一直線上にあり安定している。

2:真横から見た時
 耳たぶ・肩峰(肩の真横)・大転子(太ももの付け根の横)・膝関節中心より少し前・外くるぶしの少し前が一直線上にあり無理なく安定している。

OKポイント

 ・お臍と背骨を中心で近づけるように、お腹のインナーを軽く引き締めて肩などの外側はリラックスしましょう。

 ・OKな姿勢でインナーマッスルが強化され、インナーマッスルが強くなると姿勢が整えやすくなります。

 ・さらに積極的に鍛えたいときは、下記の姿勢改善自重トレ(動画付き)の記事もご覧ください→

【体幹強化メニュー3選!自宅で器具なしOK】前編

≪圧倒的に美しくなるために≫

日頃からOKな姿勢を意識して過ごしていると、歩く姿勢・ウォーキングフォームにも良い影響が伝わっていきます。

「圧倒的に美しい姿勢」を手に入れて、ボディデザインダイエットの成功・スポーツパフォーマンスの向上・ビジネス成績向上・コンテストでの優勝などの目標を叶えたい人は、2つの姿勢を磨きましょう。

つまり、静止時の姿勢の美しさと一緒に、動いている時の姿勢の美しさを意識して改善していくことが大切です。人は一貫性を好むものなので、「美しい立ち姿勢だな~♪」と、うっとり見とれていた人が、ガサツに歩きだすと残念な印象が強くなります。

美しい立ち姿勢の人には、美しい動作を勝手に期待しているものなのです。温かく見てくれている人の期待を裏切らないようにしたいものですね。

今回の記事に「いいね」と感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日も静と動の美を磨いて、優雅に歩きましょう!
マハロ~

【圧倒的に美しくなるために】気を付けたい「立ち姿勢」のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ