NEW

扁平足の人は〇〇が弱い!?

【この記事のキーワード】

,

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日のお話は、扁平足についてです。

 扁平足とは、足底部の内側のアーチが潰れている人の事を言います。

 足底部は一般的に、母趾球と小趾球と踵骨(かかと)の3点によって構成されています。

母趾球と小趾球を横アーチ
母趾球と踵骨を内側縦アーチ
小趾球と踵骨を外側縦アーチ

 扁平足の人は、内側の縦アーチが潰れています。

 つまり、普通なら上がっている内側部が潰れているので、足関節は回内(外反)しています。

 ということは、足関節を回外(内反)させる筋肉を鍛えてあげれば理論上は解決ということになるはずです。

 足関節を回外させる筋肉は前脛骨筋後脛骨筋です。

 それでは、前脛骨筋や後脛骨筋の筋トレをお伝えします。

 それは、ひたすらその場でつま先を上に上げるという行為を繰り返すことです。

 下記写真のように、足関節の背屈をします。h

 これでトレーニングになっているのかと疑問に思うかもしれませんが、充分筋トレになってますのでご心配なく。

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

扁平足の人は〇〇が弱い!?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ