NEW

内側広筋を鍛えるには?


  大腿四頭筋は名前の通り、中間広筋、外側広筋、内側広筋、大腿直筋の4つの筋肉から構成されており、全身の筋の体積で最も大きい筋肉になります。

 代表的な種目はレッグエクステンションやシシースクワット、フロントスクワットといったところだと思います。

 トレーニングをしていて、「外側は物すごく張るのに内側があまり鍛えられている気がしない」なんて感じたことはありませんか?

 その理由について今回は考察していきます。

目次
・大腿四頭筋の解剖学
・トレーニングへ生かすには
・まとめ

大腿四頭筋の解剖学

●大腿直筋

起始:AIIS(下前腸骨棘)
停止:膝蓋靱帯を介して脛骨粗面
作用:股関節の屈曲、膝関節の伸展

 

●内側広筋

起始:転子間線(長頭)及び大腿骨粗線内側唇(斜頭)
停止:膝蓋靱帯を介して脛骨粗面
作用:膝関節の伸展

 

●中間広筋

起始:大腿骨の前外側面の上部2/3
停止:膝蓋靱帯を介して脛骨粗面
作用:膝関節の伸展

 

●外側広筋

起始:大転子(長頭)及び大腿骨粗線外側唇(斜頭)
停止:膝蓋靱帯を介して脛骨粗面
作用:膝関節の伸展

 外側広筋や内側広筋は、斜頭繊維と呼ばれる斜めの筋繊維が存在します。斜頭繊維は大腿骨粗線の外側唇、内側唇に付着しており、大腿骨の後ろ側に付着しているため、ハムストリングスを取り除けば、大腿四頭筋は後ろも見ることができます(いつ見るんだよって話ですけど)。

 

トレーニングへ生かすには

 解剖学を知ったからどうなるのか?

 今回は斜頭繊維、特に内側広筋の斜頭繊維に着目して考察していきます。

 内側広筋の斜頭繊維は大腿骨粗線の内側唇に付着していることは先ほどお伝えしましたが、もう一つ、大内転筋腱とも付着しています。

 内側広筋には、膝の完全伸展位において最も強く作用します(文献によっては異なるものもありますが、今のところ一番言われている説です)。

 内側広筋を最も効率良く鍛える方法はレッグエクステンションで、完全伸展させるだけでなく、大内転筋も同時に働かせることがポイントとして考えられます。

 例えば、レッグエクステンション時に、内ももでヨガボールなど、何かものを挟んだ状態で行ってみたりといった具合です。

 

まとめ

 今回は斜頭繊維という少しマニアックな部分に突っ込んでお伝えしました。解剖学の理解を深めることで、トレーニングの幅は間違いなく広がります。

 ぜひ今後のトレーニングに活用してみてください。

鈴木寛太(KANTA SUZUKI)
パーソナルトレーナー。活動地域:愛知県。
本来あるべき機能を取り戻すことこそ“ストレスから解放されるカギ”をモットーに日々活動中。動かしやすい身体は人生を豊かなものにしてくれます。皆様に身体づくりのヒントをお伝えできたらと思っております。


Twitter

Instagram
note

Pick Up

内側広筋を鍛えるには?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ