NEW

ネガティブトレーニングは筋肥大効果が高い!

【この記事のキーワード】

,

 トレーニングは、ポジティブトレーニングとネガティブトレーニングの2つに分かれます。

簡単に言うと

・持ち上げる動作→ポジティブトレーニング
・降ろす動作→ネガティブトレーニング

 ネガティブトレーニングのみで行うと、ポジティブトレーニングの約1.3倍の出力が発揮できるという性質があります。

 つまり、100kgのベンチプレスが挙げられる方は、降ろす動作だけなら130kgの重さを扱えるということになります。

 そしてポイントは、ネガティブトレーニングは筋肥大効果が高い! という点です(その分、超回復に時間もかかる)。

 登山で、上りよりも下りの方が足腰の負荷になるというのに似ていますね(笑)。

 トレーニング効果を高める方法の一つとして、トレーナーやパートナーとトレーニング出来る場合はネガティブトレーニングの動作のみ行うこともおすすめです。

 そして、ここが私がすごく重要視している部分なんですが、通常のトレーニングを行う際も、ネガティブな動作を意識してゆっくりと行うことで、トレーニング効果は上げられます

 時々、ジムでも「ドンっ」と重りを置いて周りを驚かせているマナーのわるいトレーニーさんがいますが…

 これは、マナーの部分だけでなく、筋肉をつけるチャンスも逸してしまっていることになります。

「ネガティブトレーニング」

 文言だけ見るとマイナスイメージですが(笑)、トレーニング効果を高めたい方は、ぜひ取り入れてみて下さい。

Pick Up

ネガティブトレーニングは筋肥大効果が高い!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ