NEW

「習慣」の力を「成長」につなげる思考法

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

前回の予告通り、ダイエットや筋トレの指導現場などで重要なテーマとなる「習慣」の力を「成長」につなげる思考法について解説します。


≪人は習慣でできている!?≫

「人間は習慣の生き物である」という言葉を聞いたことはありますか?

この言葉の全文は、「人間は理性の生き物でもなければ、本能の生き物でもない。人間は習慣の生き物である。」というもので、米国の哲学者 ジョン・デューイの言葉です。

他にも、こんな言葉があります。
「最初に人が習慣をつくり、それから習慣が人を作る」/イギリスの詩人 ジョン・ドライデンの言葉です。さまざまな名言から、習慣の力の大きさがうかがい知れます。

 

≪良くも悪くも習慣≫
わからないことだらけのことに頭と時間を使って新たな行動を起こすよりも、一度身につけたことを無難に繰り返す方が、思考する手間も省けて楽に感じるのが人間です。

楽で心地よいので、何度も何度も繰り返されて習慣になり、長く続いていきます。まさに「人は習慣の生き物」と言えますね。

この無意識で行っている習慣が、その先に良い未来を作っていく習慣であればOKなのですが…。


≪ここには問題があります≫

その問題とは、その習慣がNGな行いでもOKな行いでも関係なく続いてしまうということです。

具体的に言いますと、

NGパターン:
「印象を低下させて腰痛や顔のタルミにもつながる猫背」も

「ブヨブヨしたお腹になって生活習慣病のリスクを高める暴飲暴食」も

「睡眠の質を低下させて美容の妨げになる寝る直前のスマホ」も

無意識に続いてしまう「習慣」となります。


OKパターン:
「印象を向上させてプロポーションも肌ツヤも改善させる美しい姿勢」も

「スッキリしたお腹を維持して病気を遠ざけるバランスの良い食事」も

「心身の成長を促す適度な筋トレ習慣」も

無意識に続いていく「習慣」となります。


「習慣」の力の頼もしくもあり、恐ろしくもあるところは、“良し悪し関係なく”毎日繰り返してしまう所です。筋トレが上手くいかないときは、うまくいかない習慣を持っていないかどうか見直してみましょう。


≪OKな習慣を身につけるには≫

「太る習慣を変えたい」と、クライアントさんから相談を受けた時に私は、太る習慣をやめることを考えるよりも、良い習慣で上書きすることをおすすめしています。その過程で太る習慣は消滅していきます。

この思考法にピッタリとあてはまる名言を見つけたので最後にご紹介します。

 

「われわれは消極的に悪い習慣を捨てようと努力するよりも、むしろ常に良い習慣を養うように心掛けねばならぬ。」/スイスの哲学者 カール・ヒルティ


今回の記事に「いいね」と感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日も美しい動作を繰り返して、美習慣を増やしていきましょう♪
マハロ~

Pick Up

「習慣」の力を「成長」につなげる思考法のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ