NEW

【ホームジムを作ろう】ホームジムの総額は?

【この記事のキーワード】

,

目次
・私が使っているマシン
・どこで買ったの?
・結局いくら?
・床の補強は?
・サイズ感
・まとめ

私が使っているマシン

 ハーフラックとスミスマシン・ケーブルマシンが2つ1対になったファンクショナルトレーナーTバーローなどが行えるランドマインプラットホームが一つになったもので、S122というモデルです。

 色々なオールインワンラックやホームジムがありますが、その中でも本当にオススメ!!

 

どこで買ったの?

 我が家で使用しているホームジムはthe Gymさんから購入しました。the Gymさんは海外のメーカーから直接買い付けを行われていてS122以外にも日本では手に入りにくい機材の購入が可能です。私が購入したものは本体と180cmのオリンピックシャフトとバーベルプレート150kg分です。

 

結局いくら?

 送料を含めて約63万円でした。本体のみならば約50万円です。その他にも可変式のダンベルやインクラインベンチなどで今使ってる機材の総額は70万円程度という事になります。

 

床の補強は?

 我が家は2年半ほど前に建てたのですが、その時にリビングを2Fにして1Fにホームジムスペースを作りました。最初からホームジムを作るための家を設計したので床はコンクリートの土間になっています。天井高も3m30cmあり、余裕を持たせています。そういう事情から床の補強などよく質問をいただくのですが、我が家はデッドリフトのプラットフォーム用にコンパネは敷いているものの、補強などは特にしていないので中々アドバイスが難しいです。

サイズ感

 オールインワンラックの後ろにつけるプレートストレージを外してしまえば4畳半でもなんとか置けるサイズです。私も外しています。マシンの高さが2m30cmあるので、天井高は2m40cmは必要になります。

 

まとめ

 自分の気に入ったジムに通えるなら、正直、あまり積極的にここまでのお金や労力を使ってホームジムを作る事はおすすめしないのですが、こういった状況ですので、投資してみるのも悪くないのではないかと思います。

 基本的に私の場合は出不精で人見知り。そもそも旧来からのジムのマッチョ文化みたいなものに苦手意識があり、ホームジム以外は考えられなかったので、ここまでやってしまったのですが、正直気に入ったジムがあったら通いたかったです!! 

 ホームジムを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

6畳筋トレタカ
ホームジムで筋トレを始めて5年。毎日勉強!毎日筋トレ!普通の人が筋トレでボディメイクしていく方法を発信。自宅でも十分筋トレができる器具も紹介。みんなで筋トレ楽しもう♪YouTubeも配信中!

YouTube
Twitter
note

【ホームジムを作ろう】ホームジムの総額は?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ