NEW

【解剖学】小胸筋の解説

こんにちは!

蕨・池袋で活動しているフリーランスパーソナルトレーナーのふっかです。

 

今回は

 

小胸筋

 

について解剖学をベースに解説していきたいと思います。

小胸筋は大胸筋の裏にあるので、実際に表に出ることはありません。しかし、意外にも大事な筋肉(筋肉に大事じゃないのなんてないですがw)なので、ぜひ最後まで御覧くださいね(^o^)

 

小胸筋の概要

小胸筋の概要を解説します。


起始 停止 作用
小胸筋 第3〜第5肋骨前面 烏口突起 肩甲骨の外転
肩甲骨の下制
肩甲骨の下方回旋

 

見ていただくと分かる通り、小胸筋は肩甲骨(烏口突起)に付着しているんですね。肩甲骨に付着している、ということは小胸筋が拘縮、もしくは短縮位になった場合、筋肉は正中線(身体の真ん中)に近い方に引っ張れれるため、肩甲骨が外転してきます。

 

烏口突起に付着する筋肉が固まると…

小胸筋に限らず、上腕二頭筋、烏口腕筋などが拘縮すると

肩甲骨の前傾

という状態になってしまいます。

肩甲骨が前傾していると、肩甲骨の下角はしっかり指が入るのに、上角は全然入らずにリリースができない、という感じになってしまいます。

肩甲骨の前傾を改善するためには
前鋸筋
・大菱形筋
・肩甲下筋
・広背筋
などを鍛えてあげると改善できると思います。

なぜか?
これらの筋肉は肩甲骨の中部〜下部に付着しているので、肩甲骨の前傾を防ぎ、後傾方向に引っ張ってくれる役割があるからです!

 

胸郭出口症候群の原因に?

小胸筋が拘縮すると胸郭出口症候群の原因になります。

まず胸郭出口症候群にはいくつか種類があります。
・斜角筋症候群
・肋鎖症候群(第一肋骨と鎖骨の間で起こる)
・小胸筋症候群

に分けることができます。

そして正中神経、橈骨神経、尺骨神経、筋皮神経が通っているが、これらは腕神経叢という叢で1まとまりになっています。そしてこの腕神経叢が小胸筋の裏を通っているので、小胸筋が拘縮してしまうとこれらの神経を圧迫してしまって胸郭出口症候群の原因となってしまいます。

 

You Tubeもやっています!

ぼくのYou Tubeチャンネルでは解剖学的な解説や、リリースの仕方などわかりやすく解説しています。

ぜひ下記リンクからチャンネル登録と高評価よろしくお願いいたします😊

https://www.youtube.com/channel/UCcSTo-nMy61O8I_dyKJ5ryw?view_as=subscriber

それでは次回の記事もお楽しみにしていてください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルトレーナーふっか 公式サイト

http://site-999758-3365-1845.mystrikingly.com/#home


パーソナルトレーナーふっか 公式LINE@

https://lin.ee/dYaVzi3

 

youtube ふっかchannel

https://www.youtube.com/channel/UCcSTo-nMy61O8I_dyKJ5ryw/

Pick Up

【解剖学】小胸筋の解説のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ