NEW

ダイエット停滞期の脱出方法

【この記事のキーワード】

こんにちはトレーナーのTAKAです。


前回ホメオシタシスについてお話をしましたが

それが原因で停滞しやすくなります。

その停滞期を脱出する方法をいくつか挙げさせていただきます。

①タンパク質の摂取量を増やす。

理由としては

⑴DIT(食事誘発性熱産性)で

一番消費されるのはタンパク質でタンパク質単体で摂取すると約30%を消費します。


⑵満腹感を高めて摂取カロリーを減らしやすい。


⑶筋トレと合わせれば基礎代謝の低下も抑制できます。

 

②野菜を食べる

カロリーが低く栄養が高いのでダイエットにはオススメです。

その中で食物繊維は食欲を抑える効果があります。

③ローカーボからローファット(その反対)に切り替える。


ケトン体がエネルギーになっているので、ケトン体から糖質をエネルギーとしていくように変えていく。


ローカーボのPFC目安

タンパク質3割

脂質6割

炭水化物1割


ローファットのPFC目安

タンパク質3割

脂質1割

炭水化物6割


に切り替えてみましょう。

 

④チートDayを作る

一時的に摂取カロリーを増やすことで

週に1回だけ炭水化物を多く摂るのが一般的


高炭水化物にすることでレプチン レベルを上げることが出来ます。


ちなみにレプチンは食欲の抑制や消費エネルギーの増加に効果があります。

 

⑤筋トレ

体重の減少によって筋力や基礎代謝は減少します。


筋トレをすることで筋力や基礎代謝を極力落とさないようにしていけるので、

停滞期には絶対と言っていいほどやってほしいです。

細かいことをあげてくいくと睡眠や有酸素などもあるのですが、今回は代表的なものを挙げさせて頂きました。

是非参考にしてみて下さい。

Pick Up

ダイエット停滞期の脱出方法のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ