NEW

白湯のメリット、デメリット

【この記事のキーワード】

,

こんにちはトレーナーのTAKAです。


今回は白湯について記事を書かせて頂きます。


白湯はみなさんどんなイメージですか?

最近話題の腸活でも取り上げられ

胃腸にはいいんでしょ?とイメージ持たれている方も多いと思います。


まずデメリットからお話しをしていきます。


白湯の飲み過ぎで起こる可能性があることとして

病的なむくみがある場合はむくみが悪化する。ことが挙げられますが普通に仕事をしている方、日常生活を送られている方はトイレが近くなるぐるいでデメリットは極めて少ないです。


たまに白湯飲み過ぎてガンになるだ、免疫力が下がるだという話を聞きますがこれは医学的根拠はないです。


では本題で次にメリットについて挙げていきます。

①冷え性の改善


基本的に冷え症の人は筋量が少なく、体温が低いことがあり

もちろん定期的な運動が必要になりますが、身体の内側から暖めるというのも効果的です。


白湯を飲むことで内蔵から体温が上昇し、身体全体が暖かくなります。

さらに体内の水分量も増えることで血液が循環して体温が上がりやすくなります。

特に寝起きは体温が低く、お昼くらいまで身体がだるいということも多いので朝に飲むのはオススメです。

 

② 内臓の機能を向上させる


胃が暖まり活発的になることで、食事を消化・吸収する力が良くなります。

普段からお腹を壊しやすい人が、食前に白湯を飲むようにして改善したというケースもあります。

白湯を飲むことで胃腸の活動が高まり、正しく機能したからだと考えられます。

 

③お通じがよくなる


白湯を飲むことでデトックス効果が高まり、お通じが改善されます。

便秘気味なのであれば、毎朝飲むところから始めるのもいいですね!


特に冬の時期は体を暖めるためにもおすすめです。

老廃物を外に出すいわゆるデトックスの割合は、便75% 尿20% 汗5%といわれています。

つまり汗をかくことで得られるデトックス効果を狙うより、お通じを良くしたほうが効果は高いといえそうですね!


つまりサウナに入って汗をかくよりも、お腹に溜めないということが大切ということです

④ダイエット効果


デトックスや体温を上昇させる効果は、そのままダイエットの効果に繋がります。


脂肪には燃焼するという表現がよく使われるように、身体が冷えている状態ではカロリーは消費されにくいです。


特に冬の時期は気を付けて身体を内から暖めたいですね。

ただしダイエットは食事が一番いうことは忘れないようにしてください。


朝白湯を飲む習慣がない方は一度試してみてください。

Pick Up

白湯のメリット、デメリットのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ