NEW

宅トレ最新アイテム4選! 1,000円代の高コスパグッズも

【この記事のキーワード】

,

 1月2日から8日までの1週間、日本テレビが行っている「秋のカラダWEEK」。以前とは違うスポーツの秋を迎えた今年、ココロとカラダがともに健康であるための新しいカラダ習慣を探すことを目的にしたキャンペーンには、さまざまな番組が参加している。

 11月3日に、YouTubeの「日テレ『ZIP!』公式チャンネル」がアップした動画「『お家でカンタン!最新フィットネスアイテム』リポーター:後藤楽々」では、元SKE48の後藤楽々と人気トレーナーの宮崎紗衣が、家で楽しく手軽にできるトレーニングアイテムを紹介してくれた。

 

アメイズプラス「シェイプキューブ」(1万8,480円)

 高反発クッションが入った、コンパクトなトランポリン。45×45×20cmという省スペースなサイズ感で、見た目もシンプルなので、インテリアの邪魔になりにくいのが嬉しいポイントだ。

 後藤は「楽しい!」と余裕の表情だったが、「でも息が上がってくる。運動してる感じ」と、体をしっかり動かしている実感もあるよう。トランポリンは有酸素運動であり、8分間飛び続けることで1kmのウォーキングと同じくらいの効果があるのだという。さらに、「見た目が本当にかわいい」と絶賛。イスやオットマンとして、トレーニング以外で使うこともできそうだ。

 

カイタックファミリー「PlankPad PRO」(1万6,280円)

 スマホに専用アプリをダウンロードし、専用のバランスボードを使うトレーニングゲーム。プランクの姿勢でバランス取りながら、シューティングなど8種類のゲームが楽しめる。欧米で25万台販売された大ヒット商品だ。バランスボードを使う分、左右の傾きがあってより高い効果が期待できるという。

 プランクといえば、家でもしっかりと腹筋や背筋を鍛えられる、きつい運動の代名詞。チャレンジした宮崎は「けっこうきついですね」と言いながらも安定した姿勢を見せ、18ポイントを獲得。続けて後藤が挑戦したのだが、ぐらぐらと狙いを定めることも難しく結果は2ポイント。これは攻略のしがいがありそうだ。

 

Himart「2WAYジャンプロープ」(1,499円)

 取っ手を持って飛ぶと、ジャンプ回数や消費カロリーを計測してくれるなわとび。ロープは取りはずしできるので、部屋の中でも気軽にできる。縄跳びは、ランニングより消費カロリーが高い効果的な運動だ。さらに、脂肪燃焼、持久力アップ、心肺機能の向上にも役立つので、積極的に取り入れてみてはいかがだろうか?

 動画では、この他に約13万足を売り上げた「筋トレスリッパ」を含めた全部で4つの最新宅トレグッズを紹介している。気になるグッズを取り入れて、健康的なカラダを目指したいものだ。

Pick Up

宅トレ最新アイテム4選! 1,000円代の高コスパグッズものページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ