NEW

ランニング中はイヤホンをするな!

 最近のイヤホンは性能がよく、軽量小型化し、さらにBluetoothも進化し、わずわらしいコードからも解放されました。

 おかげで「音楽を聴きながら運動する」ことも普通になりつつあります。

 僕も、集中したいときは音楽を聴きながらカラダを動かすことがあります。しかし、トレーニングをする時に絶対に守っているルールがあります。

 それがこちら。

「イヤホンをつけてカラダを動かすのは周りに人がいない時のみ」
「全力に近いチカラを出す時は音楽を聞かない」

 人間は周りを見る「視覚」と、周りの音を聞き取る「聴覚」を主に使いながら身の回りの安全を確認します。

 走っている時を例にとってみます。

「視覚」であれば、このようなことを確認しながら走っているはずです。

・これから走る道に障害物はないか
・車や自転車が止まっていないか
・前のランナーや立ち止まっている人をどうやって避けるか
など

「聴覚」であればこんな感じ。

・車や自転車が走ってくる音がするか
・見えないところから人が出てくるかこないか。
など

 イヤホンをすると、この「聴覚」の機能が低下します。雑音を遮断することで、より集中できるかもしれませんが、そのことで危険になる可能性もあります。

 実際、こんなことを経験したことがあります。

 川沿いのサイクリングロードを音楽を聴きながら走っていた時、後ろから近づいてくるロードバイクに気づかず、目の前の水溜りを避けたため衝突事故を起こしそうになりました。

 その逆もあります。

 川沿いのサイクリングロードでレースペース走をしていた時、声かけをして前のランナーを抜こうとしたが、抜こうとしたランナーがイヤホンをつけていたため声が聞こえておらず、僕が抜こうとしたタイミングでそのランナーが水溜りを避けるため進路変更をし、ぶつかりそうになった。

 このようなことを経験しているので、今やイヤホンをして走ることはほとんどありません。

 また、レースではイヤホンをして走ることはありませんし、陸連のルールで「レース中にイヤホンをすることを認めない」という趣旨のものあります。

 安全に走るためにも、イヤホンをして走るのはやめましょう。

 それでも「やっぱり音楽が聴きながらカラダを動かしたい」という方はいらっしゃると思います。

 どうしてもという場合は、「音量は外の音が聞こえるくらいまで下げる」「片耳のイヤホンは外す」などの工夫が必要です。

 これで安全に配慮しつつ、注意力散漫にならようにしましょう。

 もしくは外の音を遮断しないイヤホンをするというのも選択肢の一つとなるでしょう。

「事故」を起こさないよう、細心の注意を払いながらトレーニングをしていきたいものです。

北野 健太郎/Kentaro Kitano
【効率よく走れれば楽に早く走れる】がモットー。
幅広い世代に長距離のカラダの使い方を中心に教えています。
日本陸連ジュニアコーチ/ニッポンランナーズ佐倉 ランニングコーチ&ステイヤング(シニアクラス)コーチ/
フルマラソンベスト:2時間58分
note
instagram
Twitter

ランニング中はイヤホンをするな!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ