NEW

宮迫博之「3カ月で筋肉量4.4kg増」! プロトレーナーも驚愕した肉体改造とは?

【この記事のキーワード】

 宮迫博之が11月9日、自身のYouTubeチャンネルで「【衝撃】プロが本当に驚いた肉体改造の結果を発表します」という動画を公開。スタッフのつつみひろきとともに、3カ月にわたって取り組んできた肉体改造計画の結果発表を行った。トレーナーに一言「感動した」と言わしめた2人。宮迫は、トレーナーから見てもガチのトレーニングを一度も欠かすことなく真摯に取り組んできたといい、逆に感謝の念を述べられるほどだった。

 動画に最初に登場したのは、つつみ。スタート時は「健康に害を及ぼすレベル」と言われるほど肥満体型だったつつみだが、自信に満ちた表情で上半身を披露。背筋を見せつけたあと、再び前を向くと胸筋をピクピク動かし、何度もポーズして見せた。

 続いて登場した宮迫はさらに驚きの変化を遂げており、見事なシックスパックを披露。50歳とは思えない、筋骨隆々の姿に生まれ変わっていた。「表情が違いますね」とトレーナーも満足げだ。

 今回のトレーニングを振り返り、宮迫が語った成功のポイントは以下。

①空腹の飢えがない

 以前、テレビ番組の企画で肉体改造に取り組んだ際は、食事制限と運動がとてもつらかったという宮迫。運動の強度は以前よりも強いものの、理にかなったトレーニングでみるみる体が変わっていくのを実感したそう。また、食べていいもの、悪いものという食事制限はあったものの、筋肉を衰えさせないために食べること自体は推奨されていたため、飢える苦しみがなかったという。「筋肉食堂なんか、めちゃくちゃお世話になったもんな」と笑顔で話し、減量中も食事を楽しんでいたようだった。

 

②気持ちよく体を動かせた

 運動不足になってしまいがちな昨今。ジムでのトレーニングも、朝から1時間のウォーキングも気持ちがよく、損だと感じることがひとつもなかったという。宮迫は、ウォーキングとその前のサーキットトレーニングを毎日欠かさず行っていたそうだ。一方のつつみは、この朝のルーティンはサボりがちだったようで、もしかしたらその結果が肉体改造の結果に差をつけたのかもしれない。

 

③成果がきちんと出る

 たった3カ月で、これだけの肉体改造に成功したことが何よりのモチベーションになったそうだ。50歳になっても、健康的な体を手に入れることが可能だと証明した。

 ビフォーアフターを見てみると、つつみは腹回りが明らかにすっきりとした。背面から見ると、くびれのある逆三角のようになり引き締まっている。トレーニングへの取り組みを見ても、初めは8種目をこなして心拍数を上げていくサーキットトレーニングを完走することが難しかったが、最後にはすべてこなした上で、息もすぐに整うようになり、運動能力自体が向上したようだ。

 一方、50歳としては普通体型だと認識していた宮迫だったが、写真を比べてみると一目瞭然。体つきだけ見たら、まるで別人だ。宮迫はベンチプレスが一番得意だったといい、その結果、大胸筋がよく鍛えられたようだ。写真からは肩から胸にかけての筋肉の変化がわかる。首回りの肉もなくなり、シャープな印象に。腹回りは当然出ておらず、腹筋や大円筋がしっかりと鍛えられ、パンツに乗っていた肉もすっきりなくなっていた。

 最終的に、つつみは体重が84.1kg→73.4kg、体脂肪率は29.9%→19.9%になり、筋肉量も増えた。宮迫は体重が68.7kg→68.5kg、体脂肪率は23.6%→16.4%。筋肉量については4.4kg増の54.1kgとなり、年間1kg増えればいいところの筋肉が、これだけ増えたのはモンスター級だという。

 ストイックなトレーニングを終え、理想のボディを手に入れた新しい宮迫の姿をぜひ見てみてほしい。

Pick Up

宮迫博之「3カ月で筋肉量4.4kg増」! プロトレーナーも驚愕した肉体改造とは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ