NEW

30分間のトレーニングでも効果はあるか?

【この記事のキーワード】

 大阪を拠点に関西各地方でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナーとして活動しているBODY PARTNARSの藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto) 

 本日は「30分間のトレーニングでも効果はあるのか?」についてお話します。

 結論、目的に合った正しい方法で実践すれば、30分間のトレーニングでも十分に効果を実感することは可能です。

 ただし、たった1回のトレーニングで得られる効果は限られているので、地道にコツコツと定期的に取り組んでいくことが大切です。

 健康維持や機能改善などを目的とする場合においては、10分でも20分でも可能です。一方、ダイエットやボディメイク、筋肥大などを目的とする場合においては、運動量(時間)も必要になってくる場合もあるので、時間が足りないケースもあります。

 気をつけたいのは「30分だけのトレーニングでは効果が出ない」と決めつけてしまうこと。長い時間トレーニングした方が効果があると考える人もいると思いますが、まったくそうではありません。

 トレーニングでは、まず量より「質」が大切です。

 量を増やせば効果に繋がる、といった単純な話ではありません。

トレーニングの質を高めるPOINT

・自分の身体の現状把握を行う(身体の評価)
・目標に対しての課題を抽出する
・具体的な目標設定を行う
・目標・課題に合わせた運動やトレーニング、ストレッチを実践
・現状把握⇄課題抽出⇄目標設定⇄プログラム作成を常に意識

 トレーニングやストレッチで、どの種目をするかより、「なぜやるのか?」をまずは考えていきましょう。 

 目標設定と現状把握を適切に行えば、いま行うべき内容も見えてくると思います。その上で実践していけば、たとえトレーニング時間が短くても質の高い、濃い時間を過ごせると思います。

 質を高く保った上で、「量」を増やすように心がけていきましょう。

 そうすれば、30分でも十分に期待している効果を実感することは可能だと思います。

 ただ時間が短い分、当たり前ですが、1回あたりで実践できる種目数などは少なくなります。60分と30分で比較すると、半分も違ってきます。

 その分、内容の「濃さ(質の高さ)」が非常に大切です。

 たとえ、30分間のトレーニングを「毎日」実践していてもトレーニングの質が低ければ、期待している効果は実感できないかもしれません。

藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。

https://fujimototaishi.com/

30分間のトレーニングでも効果はあるか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ