NEW

【腰痛予防解消!】洗顔時に腰への負担を劇的に減らす3つの方法

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

前回の記事でご紹介した、洗面所で腰の負担を軽減する前傾姿勢の作り方(洗顔時のフォーム)は、ご覧いただけましたでしょうか?(未読の方は、ぜひ合わせてご覧ください。)

動画で復習→
【腰痛予防】やっちゃイケない!NG姿勢”洗顔フォーム”に注意しよう

身体の使い方で腰の負担を減らす方法/公開日: 2020年11月14日 9:30)

→ https://youtu.be/qycR-8aCrW0 (1:20)

 

≪さらに腰の負担をググっと減らす3つの方法≫

今回は、前回の記事でお伝えした「腰の負担を減らす”洗顔フォーム(姿勢)”」さえもままならない時には、どうしたらいいのか?私の実体験を開示します。


すでに腰が痛いときや違和感があり不安な時は、次の方法で腰にかかる負担を減らしましょう。私が腰をつぶしたときに、実際に行っていた3つの方法をシェアします。

1:肘
腰への負担を軽減させながら蛇口に近づくために、洗面台の端に肘を乗せて負荷を逃しましょう。(しっかりと水を使いたいときに役立つ方法です)

2:脚
洗面台との高さと距離の調整のために、両足を大きく開いて膝も大きく曲げて(バレエの2番プリエや力士の四股立ちのように)、さらにその脚の内側を洗面台に押し当てて姿勢を安定させましょう。(私は食器を洗うときもこうしています)

3:片手
激痛で前傾姿勢もできない時は、片手を洗面台の上に置いて身体を支えて、顔は片手で洗っていました。(ちょっとばかり周囲を濡らしてしまいますが、激痛回避のためには目をつぶりました)


≪3つの方法の共通点≫

以上、腰の負担を減らす3つの方法には共通点があります。それは、体重を両足の裏だけで支える(2点支持)から、肘・脚・手を洗面台に密着させることで、3点、4点…と、体を支持するポイントを増やすことです。こうすることで、腰にかかる負担を大きく軽減させることが狙いです!
もちろん、1と2の組み合わせなどもOKです。(私も実際に行っていました)

腰を痛めやすい人も、今は痛めていない人も、無意識に繰り返している洗顔時の姿勢にしっかりと意識を向けて確認してみましょう。


今回の記事に「いいね」と感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!

それでは、本日も大切な腰を守るOK姿勢で、快適に歩きましょう!
マハロ~

Pick Up

【腰痛予防解消!】洗顔時に腰への負担を劇的に減らす3つの方法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ