NEW

自分流を貫く

【この記事のキーワード】

,

水泳元オリンピック代表の森隆弘です。

僕自身、大会で毎回ベストタイムを
出すことは難しいと思いますが

大切なことは、ベストタイムが出なかった
次の大会やその後の練習が大切になります


またその大会に向けて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆どのような準備をしたか?
→筋力アップ、栄養面、飛び込み、泳法
ターンなど前回からに改善点

☆何を目標に練習したか?
→前半◯◯秒で入りたいのでスピード練習を
徹底的に行って前回の大会前よりも
25mのタイムが◯◯秒上がったから
確実にスピードはついてるので前半楽に
入っても◯◯秒で行ける
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
改善できることは沢山ありますが

ベストが出たから良い!
ベストが出なかったから悪い!
で判断すると目的や目標が次に向けて
定まっていないのでベストが出ている方も
次の大会で自己ベストが出にくいです。


頑張ります!ベスト出します!
の一言で片付けるのではなく


頭を使って、今の自分に何が必要かを
考える事が重要だと思います。


その「何が・・・」には正解も
不正解もありません。


自分自身が、その考えた事を最後まで
”やるか?やらないか?”だと思います。


出来るだけ細かく考えて次の大会や
トレーニングに繋げるようにしましょう


良いタイムが出た時もタイムに納得
出来なくても頭で考え次の日から
その考えた事を行動に変えて
継続する事で必ず良い結果に繋がります

自分流を貫くのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ