NEW

アルコールとビタミンの関係

【この記事のキーワード】

, ,

 こんにちは!パーソナルトレーナーの美智子です。

 本日の『アルコールとビタミンの関係』についてお話します。

 アルコールを日常的に飲んでる方は、ビタミン・ミネラルを積極的に摂取されると良いと思います。

 

アルコールの代謝について

 口から入ったアルコールは、そのまま胃や腸から吸収、血管を通って肝臓で代謝され、アセトアルデヒドという物質になります。

 このとき、アルコール脱水素酵素という物質が働きますが、アルコールを大量に飲むとアルコール脱水素酵素が処理しきれず、別の経路が働きます。そのとき必要になるのが、ビタミンB1です。

 

アルコールは必要な栄養素の吸収を低下させる

 特に、アルコールの代謝に必要なビタミンB1の欠乏には注意が必要です。

 アルコールはビタミンB1の排泄を促進し、利用を障害することがわかっています。

 飲酒の前後にはビタミンB1 、ビタミン類の補給を行うと良いでしょう。

 

アセトアルデヒドは毒性が強い

 アセトアルデヒドは吐き気や頭痛を引き起こします。多量の飲酒によって悪酔いや二日酔いが起こるのは、アセトアルデヒドが体内に長時間、留まっているためです。

 アルコールは脂肪を蓄積させるだけでなく、身体にとって弊害がありますので、毎日多量の飲酒は控えたいですね。


パーソナルトレーニング体験のお問い合わせはこちらから。

★HP★
https://peraichi.com/landing_pages/view/michiron

★インスタグラム★
https://instagram.com/michhi1024

★LINE@★
https://line.me/R/ti/p/%40023kbkhx

Pick Up

アルコールとビタミンの関係のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ