NEW

アブローラーを使ってのトレーニング①注意点

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!
今シーズンはコロナ禍のため自分が出場できるJBBF主催のコンテストが無く体重増えまくっている還暦爺いトレーナーの増田です(^^;;


てことで、体重増加すると自重のトレーニングがキツくなります(><)
チンニングなど挙がらない×2(TT)
体重増加するとキツくなるトレーニングの中にアブローラーもあります。
いろんな種類のものがありますが1000円〜2000円程で購入出来てかなりの強度で鍛えてくれる優れもんですね!


基本的にコロコロ転がして戻ってくる運動です。
サイヤマンが滅茶苦茶凄いですよね(O_O)


今回はアブローラーをやる際の注意点
を紹介してみたいと思います。

 

・アブローラーをやる際の注意点


初めての方は先ずは膝をついた状態で行うのが良いと思います。
最初は試しに30cm位転がして戻って自分の力量を測ってみて下さい。
女性の方で これでも大変な思いをされた方もいらっしゃいます。
筋力の備わっている方は膝をつかずスタンドで行うと宜しいかと思います。
同じく最初は試しに30cm程で。足は最初は広げたほうが楽ですね。安定もしますし。


で、注意点です。
膝つきでもスタンディングでも絶対にやってはいけないのは戻る時に手だけ戻すという行為です。
苦し紛れにやっちゃうんですよねー(><)
これやっちゃうと顔面を床に強打します。両手はバーを握ってるので塞がってますからカバー出来ない!
どーしても戻らなかったら膝及び足を前に運ぶか頑張って力を抜かずに伸びきって潰れるかですかね。
大昔、アブローラーが通販で馬鹿売れした時に顔面強打による鼻や前歯損傷などが相次いだという話を聞いたことがあります。


余所見もしてはいけません。
話しかけられてもそっち方向を向いては駄目ですよ。
大昔、私もその現場に居合わせた時に起こったのですが トレーナーが利用者さんにアブローラーの見本を見せながら指導していて動作中に説明しながら利用者さんの方に顔を向けたその瞬間バランスを崩し顔面からガツン((((;゚Д゚)))))))
しばらく顔に擦過傷がのこりました。


次回は
・アブローラーの距離を伸ばすトレーニング法
・私のアブローラートレーニングルーティン
をご紹介したいと思います(^^)


あっ、少し前からInstagramやってます。爺いのくせに 笑笑
原始人なもんで辿々しく若者に教わりながら… 笑


ご質問ご相談等が御座いましたら
masuda.profit@gmail.com
もしくはInstagram masudamugiまで mail下さいませ。
宜しくお願い致します。

アブローラーを使ってのトレーニング①注意点のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ