NEW

オリンピック体操メダリスト・池谷幸雄式「サイドレイズ」が効果抜群!

【この記事のキーワード】

, ,

 男性らしい大きく丸い肩を作りたい、と肩トレーニングに力を入れている人にぜひみてもらいたい動画がある。体育学者でボディビルダーのバズーカ岡田氏のYouTubeチャンネル『バズーカ岡田の筋トレラボ』に11月14日にアップされた「【筋トレ】本当は教えたくない!体操選手のようなかっこいい肩の作り方!」という動画だ。

 今回の動画には、バルセロナオリンピックの銀メダリストで体操選手のレジェンド・池谷幸雄が登場。スポーツトレーナーとして数多くの人の体づくりをしてきた岡田氏から見ても、体操選手の体は丸くてかっこよく、作ろうと思ってもなかなかできないものなのだそう。岡田氏いわく「体操競技は自重トレーニングの最高峰で、選手らは皆、ボディビルダーが憧れるような理想の丸い肩をしている」のだとか。そんな体操選手のような丸い肩を作り上げるためのトレーニング方法を、池谷が岡田氏にレクチャーした。

 

池谷幸雄式サイドレイズのやり方

・ケーブルマシンを使い、肘を伸ばし両腕が常に真っ直ぐの状態で、素早く下から真上へ持ち上げる。
・肩だけでなく、背中、尻と体全身を使う。
・腕が耳につくところまで持ってくる。

 このトレーニング方法、かなり効くようで岡田氏が挑戦するも、徐々に腕が曲がり、腕が真っ直ぐ上まで上がらない。先に手本を見せた池谷の美しいフォームがいかにすごいのかがよくわかる。岡田氏は「二等筋と肩の両方を同時に使うのがポイントだと分かった」とコメント、さらに「真っ直ぐの次元が全然違う。本当に真っ直ぐ」と驚きを隠せない様子。

 体操競技は肘を伸ばしてトレーニングをするのが基本。なぜなら、真っ直ぐでなければ倒立をしても止まらないし、ほかのどんな技も美しくならないからだ。そのためのトレーニングが、結果的に美しい筋肉を作り出している。

 本来はゴムチューブを足で踏んで行うトレーニングとのことなので、ゴムチューブがあれば自宅でもすぐに実践できる。憧れの丸い肩を手に入れたいと思うなら、この池谷式サイドレイズを試してみてはいかがだろうか?

Pick Up

オリンピック体操メダリスト・池谷幸雄式「サイドレイズ」が効果抜群!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ