NEW

代謝の仕組み

【この記事のキーワード】

, ,

 今朝も10km走ってきましたが、この時期にしては非常に気温が高く、汗が止まりません。

 周りの人からは「トミは代謝いいからなぁ」とよく言われますが、汗ダラダラの自分を見て、改めて「代謝の仕組みってどうなってるんだろう?」と感じました。

 そこで、今日は「代謝について」少し掘り下げて考えていきたいと思います。

 まず、にWikipediaによると、

・新陳代謝の略
・生命を維持するための一連の合成、化学反応
・異化(物質を分解することによって得るエネルギー)と同化(エネルギーを使ってタンパク質などを合成する過程)に分けられる

 少々分かりにくいですが、要するに、生きているということの証しですね。

 ということは、「代謝がいい」というのは「生き生きしている」ということにもつながるのかもしれません。

 代謝の目的は

・エネルギーの獲得
・栄養素を身体へ吸収させる

 つまり、代謝がいいと、運動したり、食べたものがよく身体の中で変化したり、循環してくれるイメージになると思います。

 では、汗との関係は?

 これは、血行をよくすることで、身体の活動が活性化することにつながると思います。

 ランニングやヨガによる呼吸、トレーニングによって身体の血のめぐりがよくなると体温が上がり、それを調節しようとして汗が出る。

 ただし、ただ単に汗をよくかくのは、代謝がいいのとは少し違うようです。

 ストレスやホルモンの作用、そして肥満体型の方も汗がよく出る可能性があるようです。

 筋トレでランニングは不要と言う方が多いですが、ランニングには、身体の中をしっかりと循環させてくれたり、ふくらはぎのポンプの刺激、呼吸など、メリットがたくさんあります。

 バルク期は、ランニングの距離、量はコントロールが必要ですが、身体のアライメント(調整)にぜひ取り入れみてください!

 

Pick Up

代謝の仕組みのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ