NEW

アブローラーを使ってのトレーニング②可動域拡大法

【この記事のキーワード】

,

可動域拡大法 って、なんだか凄い表題ですね 笑
若木竹丸 怪力法みたいな 笑笑


こんにちは!
他人のことより自分がもっとしっかりトレーニングしろ!的な爺いトレーナー増田です^^;


前回 アブローラーでトレーニングする時
先ず初めに と これは危険ですよー
てのを説明させて頂きました。
今回は可動域拡大!
要するに膝をついて行うにしても立って行うにしても距離を伸ばせば運動強度が高くなります。
支点である膝もしくは足裏(中足)からwheelまでの距離が遠くなれば運動量は大きくなり強度が高くなります。
ただ、初心者で自信のない方は少しずつ2〜3cm単位でのチャレンジが良いと思います。
目標物を置いて自分の立ち位置をずらしても良し目標物の方をずらしてもOK!
wheelを壁にタッチして行う場合は激突や手首などに気をつけて下さい。


私が指導してきて大きな効果を得られた方法は
私が踵をついて中足を返し目標となることです。
そこにwheelをタッチして戻ってもらう。
1rep目は絶対に大丈夫という距離
2〜4rep位までは少し余裕がある程度
5〜8repでちょっと頑張るけど出来る
ラスト2発は頑張らせる
みたいな感じです♪
ちょっと厳しかったら軽く肩を押してサポートしてあげても良いと思います。
やる側の方の力量や疲労度などをよーく確認しながらトレーナーの匙加減が重要ですね!


そして、1発目はここでしたがラストはここまで伸ばすことが出来たというのを示してあげましょう。
やってる側は必死でそれどころじゃないですからね(^^)


そうそう 呼吸は往路で大きく吸って復路で吐く。
なるべく努(怒)責は避けたいですね!


以上、参考までに。


ご質問やご相談がありましたら下記までご連絡下さい。
masuda.profit@gmail.com
Instagram   masudamugiでやってます♪
現在hp作成中
もちろん私は自力で作れないのでお願いしてます 爆(^O^)

アブローラーを使ってのトレーニング②可動域拡大法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ