NEW

初心者にもオススメ!「リバースランジ」のやり方とポイント

【この記事のキーワード】

, ,

 大阪を拠点に関西各地方でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動しているBODY PARTNARSの藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto)

 今回ご紹介する種目は『リバースランジ』です。バックランジとも呼ばれる種目で、主に下半身を鍛えるトレーニングとして多くの方が実践されています。

 初心者にもおすすめの種目なので、ぜひチャレンジしてみてください。

Contents 

・「リバースランジ」正しい実践方法|実践時のポイント
・初心者に「リバースランジ」を推奨する理由

「リバースランジ」正しい実践方法|実践時のポイント

 リバースランジは、下記の画像のように後方向に足を踏み込んでいく種目です。

●やり方
①両足は腰幅くらいに立つ
②片足を後方に向けて踏み込み、しゃがむ
③下にしゃがみ込んだ後は元の姿勢に戻る
④反対側の足も同じように動きを繰り返す
 

●ポイント
・前足に重心をのせる(残すイメージ)
・左右の肩と骨盤を平行に保つ
・頭からお尻まで背骨を一直線に
・脚を後ろに踏み込むときに頭は膝の上に位置させる

 リバースランジは、重りを持たずに実践することができる種目です。またダンベルやケトルベルを持つ、バーベルを肩に担いで実践することも可能です!

 

初心者に「リバースランジ」を推奨する理由

 トレーニング初心者が初めに下半身のトレーニングを実践するとなれば、スクワットやフォワードランジ、ワイドスクワットなどの種目を実践される方が多いかなと思います。

 どれも良い種目ですが、初めの中から正しいフォームで実践されている方はほとんどいません。

 スクワットとフォワードランジについては、膝に負担・ストレスが加わるようなフォームで実践されている方も多いです。ワイドスクワットも正しいフォームで実践するには、股関節の外転(脚を外に開く動き)・外旋(つま先を外方向に捻る動き)の柔軟性(可動性)が必要です。

 それに対して、リバースランジは脚を後方に踏み出して前足に重心を残すイメージで実践していけば股関節にしっかりと乗った良いフォームで実践することが可能です。

  フォワードランジも最終的な姿勢の取り方は同じですが、脚を前方向に踏み込む動作か後方に踏み込む動作かで違いが出てきます。 

 前方向に踏み込むフォワードランジでは、重心の位置を上手に調整できない人が多く、過度に前側へ重心をかけてしまう人がいます。前側に荷重しすぎると膝関節の組織に負担がかかりやすくなります。

 ここまで色々とお伝えしましたが、スクワットやフォワードランジよりも「リバースランジ」を初めに実践すべき、最大の理由は「股関節を使えるフォームが獲得しやすいから」です。

 立位で実践する下半身のトレーニングは、股関節を使う種目が大半です。ただ、前述したようにスクワットやフォワードランジで正しく股関節を使えていないという人も少なくありません。

 股関節はカラダの機能において、とても重要な役割を持っています。

 スクワットやフォワードランジで股関節を使えるようにしていくためにも、初めに「リバースランジ」を実践することがおすすめです。また、現時点で下半身のトレーニングにおいて股関節が使えていないという人にも良い種目だと感じています。

 下記のような人は是非一度「リバースランジ」をやってみて下さいね。

・下半身のトレーニングで「股関節」が使えていない
・フォワードランジなどの種目で重心の位置が上手にコントロールできない
・下半身トレーニングのバリエーションを増やしたい
・下半身のトレーニングで、初めにどの種目を実践すれば良いかわからない

藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。

https://fujimototaishi.com/

初心者にもオススメ!「リバースランジ」のやり方とポイントのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ