NEW

【腰痛の再発を防ぐ7つの心がけ】

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

前回の記事では、日常の姿勢と腰への負担の具体的な話をお伝えしました。そして今回は、予告通り「腰痛の再発を防ぐ7つの心がけ」をお伝えします。

 

≪座りすぎて腰が痛くなる理由≫

あなたは座りすぎて腰が痛くなった経験はありませんか?

私はあります…。

1日15時間ほど座りっぱなしの生活を毎日続けていたら、やがて酷い腰痛に襲われてしまいました…。

「寝る・座る・立つ」私たちの身体は「姿勢」により、腰への負荷が想像以上に大きく変化します。仰向けで寝た時の腰への負荷の少なさを見れば、睡眠時間を確保することは、腰の椎間板を休めるためにも大切なことだと理解できます。

実際に私が腰の椎間板をつぶしたときは、睡眠時間が30分とか60分で、毎日激しいアクロバットパフォーマンスをしていました。異常に過剰に無情に負荷をかけ続けていたのですね(涙)。

さらに、立っているときよりも座っているときの方が腰の椎間板への負荷が大きいことを知れば、デスクワーク中にこまめに立ち上がることの意味も理解できることでしょう。

自分が選んだ姿勢で、腰への負荷が決まります!

ちなみに、座っている時よりも立っている時の方が腰が楽なこと、腰痛の経験者ならば共感できる人も多いのではないでしょうか?私も電車移動の時、座席が空いていても立っていました…。


≪腰痛の再発を防ぐ7つの心がけ≫

それでは最後に、すぐにできる腰痛の再発を防ぐ7つの心がけを発表します。

1:姿勢による椎間板への負荷の違いを知ること

2:加齢による椎間板の老化を考慮すること

3:椎間板の負担になるうつむき姿勢を減らすこと

4:正しい姿勢を常に意識して背骨の負担を減らすこと

5:体幹部の筋肉を鍛えて椎間板を守ること

6:身体をマメに動かして血行を促し、疲労や老廃物を溜めないこと

7:姿勢を正して深い呼吸を保ち、心身をリフレッシュすること

前かがみになると、腰への負荷が急増することを日々忘れないように、肥満予防や体幹の筋肉強化と共に、姿勢への意識をググっと高めて腰痛の再発を防いでいきましょう!

今回の記事に「いいね」と感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日も腰痛の再発を防ぐOK姿勢で、美しく歩きましょう!
マハロ~

Pick Up

【腰痛の再発を防ぐ7つの心がけ】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ