NEW

ゴルファーに必要な胸の可動域について

【この記事のキーワード】

, ,

皆さま、こんにちは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です。

今回の内容は、ゴルファーに必要な胸の可動域について書かせて頂きます。

ゴルフのスイングの際、身体をひねると思いますが、胸の可動域がない人は腰を怪我するリスクがあります。

それはなぜかというと、スイングの際には胸の回旋が必要になるからです。

胸の回旋とは、簡単にいうと胸を回すことです。

椎骨には共同と分離という言葉があります。

今回でいうと胸椎と腰椎の分離が大切になります。

ゴルフの際に、動きのある胸椎と安定性がある腰椎が一緒に動いてはいけません。

しかし、胸の可動域が出ない人はスイングで腰椎も一緒に動いてしまいます。

胸の可動域がない人は、しっかりと可動域が高められるようなエクササイズを行いましょう。

例えば、オープナーやキャット&ドッグなどです。

胸の可動域をあげてパフォマーンスの高い身体を作り上げましょう。

今回の内容は以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

__________________ 

筋トレやダイエットの方法など、有益な情報をSNSで配信しています!

お気軽にフォローお願いいたします^_^

パーソナルお問い合わせは、公式ラインよりお願い致します♩

——————————————————–

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6X-uUhLVhyaD3lBE9DRh4A


●Instagram

https://www.instagram.com/daichi__fit/?hl=ja


●公式ライン

http://bit.ly/2VlCKOA


●Twitter

その結果腰に痛みを生じてしまうのです。

 

 

ゴルファーに必要な胸の可動域についてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ