NEW

【靴のクビレ?】快適に履くと靴もお腹もクビレる!

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

あなたはダイエットや心身のメンテナンスのために、ウォーキングをしたことはありますか? 私はウォーキングでいろいろな効果を得ることを楽しみに歩いています。

笹川スポーツ財団の調査によると、ウォーキング人口は過去20年で2倍に増加しています。

そんな背景もあり、現代人の歩行事情に合わせた新機能を備えたウォーキングシューズがかなり充実してきています。

 

≪ウォーキングシューズの正しい履き方≫

進化したウォーキングシューズの優れた機能をフルに活かすためには、正しく選び正しく履きたいものです。

正しい靴の選び方については、「筋トレしようぜ!」の過去記事
【美脚必至】歩きやすくて疲れにくい靴の機能
https://biz-journal.jp/fitness/2020/10/post_21167

美脚のための靴選びでチェックしたい「足指」のポイント
https://biz-journal.jp/fitness/2020/08/post_17438

などをご覧ください。

最近は、フィッティングをしてくれる専門店も増えていますので、そういったお店を活用して最適な靴を選ぶのもいいですね。

ちなみに、今週(2020年11月28日)東京の秋葉原にあるヨネックスフィッティングスタジオ秋葉原にて、OKウォークのワークショップを実施します。靴選びや姿勢歩き方の座学からストレッチと正しい歩き方の実践などを予定。
https://www.yonex-showroom.com/fitting-studio/

こちらのヨネックスフィッティングスタジオ秋葉原では、シューフィッター(上級資格者含む)が3D足型計測機、足底圧測定機を使用して、様々な道路のシチュエーションで体感できるスペースにて、最適なシューズ選びをサポートしてくれます。


≪ウォーキングシューズの正しい履き方≫

どんなにすばらしい靴を選んでも、履き方が悪いと台無しです。ということで今回は、正しい靴の履き方の基本と、快適な紐の締め方を解説します。

まず、靴ひもを緩めて足を入れます。そして、私が子供の頃は「つま先トントン」と教わりました。…今は違いますね。正しくは「かかとトントン」と床に打ち付けてかかとをフィットさせます。この時つま先に約1cmのゆとりがあります。

さてこの後、あなたは靴ひもをどのように締めていますか?
やや緩めに締めるのが好きな人や、かなりきつめに締める人、人によって違いますね。


≪クビレ締め!!!≫

緩い人もきつい人も特にこだわりのない人も、次回のウォーキング時には、「クビレ締め」を試してみて下さい。

「クビレ締め」!?

どういう事かと言いますと、最初は程よくフィットするように締めて、足のクビレのあたり(中間部分)は、ややきつくタイトに締め、最後はまた程よくフィットする程度に締めます。これが名付けて「クビレ締め」です。

ぜひチャレンジしてみて下さい。きっと、足と靴の超快適な一体感に、もっともっと歩きたくなりますよ。OKウォークで歩行量が増えれば、お腹もクビレてきます♪


ほどけにくい靴ひもの結び方は、こちらの動画をご覧ください→

【解けにくい靴ひもの結び方】

今回の記事に「いいね」と感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日も快適なウォーキングシューズと共に、軽快に歩きましょう!
マハロ~

【靴のクビレ?】快適に履くと靴もお腹もクビレる!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ