NEW

⑦【冷え性】身体の調子を整える

【この記事のキーワード】

こんにちは!
美姿勢トレーナーの和希です!

今回は
【冷え性】身体の調子を整える
についてです!

こうした知識を少しでも持っていると
自分の体調に振り回されなくなり、コントロール
できるようになってきます!

ぜひ参考に!

冷えは万病のもと


冷え性とは手足や腰などの体の末端が常に冷えている状態です。
氷のように冷たくなる事もあれば、逆にほてりやのぼせ【不快な熱さ】を
感じる事もあります。
冷え性の正体は血行不良です!
手足の抹消血管に血液が行き届かないために起こるものであり頭痛やめまい、肩こり
便秘、関節の痛みなどの全身の不調に繋がります。
特に、体内の体温【深部体温】が低いと免疫細胞の働きが弱くなり
免疫力の低下が起きるとされています。
冷え性は女性に多くみられます。
男性に比べて体脂肪率がおく筋肉量が少ないため体が熱を作りにくいのです。

体熱の多くは筋肉で作れられる


血行不良が起こる原因として、自律神経の乱れがあります。
自律神経は体温を調整する役割があり、
暑いときは血管を拡張させ体温を発散させ
寒い時は血管を収縮させて体温が逃げないようにします。
ストレスや更年期障害によっても自律神経の働きが悪くなるので
注意が必要です

冷えを感じる時は、ネギやしょうが、唐辛子にんにくなど
血行をよくする食物がオススメです。
体を冷やすと言われている糖分や脂肪は控えましょう。
塩分は体液の濃度をあげて、血行不良の原因となります。
他にも入浴やストレッチ、マッサージなどで筋肉のコリを防ぎ
血行をよくしていきましょう!

冷房病って?


人間の体は通常一定の体温に保たれています。
しかし、冷暖房の普及によって外気温と室温の極端な温度差が
生じるために、体温調整能力もが狂い、自律神経の働きにも影響が出てきます。
これが冷房病で、頭痛や肩こりなどの症状を起こします。
冷房病を防ぐには、室温外気温の差を5度以内に設定します。
人参やレンコン、ごぼう、大根などの根菜類やかぼちゃなどの
野菜は体を温めます!


●他のSNSはコチラ!


・インスタグラムはコチラ!
・初心者ダイエットのためのNOTEはコチラ!


⑦【冷え性】身体の調子を整えるのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ