NEW

筋トレは限界まで追い込むべきか?

【この記事のキーワード】

, ,

 今日は「筋トレは限界まで追い込むべきか?」というお話をしたいと思います。

 結論から言うと、筋肥大が目的なら限界まで追い込むべきです。筋力アップが目的なら限界まで追い込んではいけません

 では、詳しく解説していきます。

 まず筋肥大は、トレーニングのトータルボリュームが多いほどいい、というのが基本なので、毎回のトレーニングで限界まで行ってトータルボリュームを増やす必要があります

 とにかく筋肥大はこれが重要です。身体がしっかり回復できる前提で、毎回のトレーニングをクタクタになるまでやるのが正しいという事になります。簡単に言えば、トレーニングボリュームこそ筋肥大の最大の要素という事になるわけです

 でも、筋力アップ目的の場合は、限界までトレーニングする事は望ましくありません。限界までやってしまうと、強い筋力を発揮する大切な筋繊維が減ってしまう可能性があるからです。

 これはモーターユニットの動員がポイントとなるのですが、大きな運動単位に神経活動を適用させるためのそのピークは、限界の少し手前になるという事です。限界までやれば最大筋力アップのピークを過ぎてしまうという事ですね。ピークを過ぎたとろで頑張れば、その分強くて収縮の速い筋繊維の適応は減ってしまいます。

 ここで考えなければならない事があります。それは、「筋肥大と筋力アップは一緒に行えないのか?」という事です

 これには色々な考え方があるので一概にこの方法が正解というのはないのですが、ボディメイクに特化し、筋肥大に重点を置くトレーニングの場合は、やはり毎回しっかりと追い込んでいくことが大切になると思います。

 ただ、毎回しっかり追い込んだせいで筋力アップが全く起きないかと言えば、そんな事はありません。筋肥大すれば筋力もアップするからです。一見矛盾しているように感じるかもしれませんが、筋肉が大きくなればそれだけ発揮できる力も大きくなるわけです。

 そして、逆もしかりです。筋力アップすればそれに伴い筋肥大が起きます。ただし、前述したとおり、神経系の適応によって筋力アップは起きるので、この場合においては筋力アップに伴って筋肥大が起きるという事とは少し違います。いずれにしても、筋力アップする事でトレーニングで扱える重量が増えるため、結果的にトータルのトレーニングボリュームが増えて筋肥大には有利な状況が生まれるます。

「じゃあどっちがいいのか?」という話になりますが、結論は最初に言った通りです。筋肥大目的なら限界まで追い込むべきです。筋力アップが目的なら限界まで追い込んではいけません。

 トレーニングに一貫性を持つという意味では、筋力アップの期間と筋肥大の期間を数週間ずつ行って切り替えていくのがおすすめです。私は6~10週間程度で区切って切り替えますが、切り替える必要も無いと言えば無いので、ずっとどちらかでやっていくのも悪い方法だとは思いません。

 むしろ、その時の気分でやっていくのが一番良い気がしています。重量を伸ばしたいと思えば限界まで追い込まないで、できるだけ高重量を扱い筋肉を大きくしたくなったら中重量でボリュームをかせぎながらガンガン限界までやるというのが、モチベーションの持続にもつながるのではないでしょうか?

 少し脱線しますが、以前某ユーチューバーが「高重量高回数のはちゃめちゃトレーニング」というような内容の動画を上げていました。こういう動画はすごく面白いのですが、間違っています。高回数できるのならそれは低重量です。扱っているウエイトが何キロだとかいう事ではなく、その人にとって重いか軽いかなので高重量高回数などというトレーニングは存在しません。気持ちはわからないでもありませんが、絶対に真似しないでください。

 ということで、楽しく自分にあった筋トレで筋力アップ、筋肥大していきましょう!

6畳筋トレタカ
ホームジムで筋トレを始めて5年。毎日勉強!毎日筋トレ!普通の人が筋トレでボディメイクしていく方法を発信。自宅でも十分筋トレができる器具も紹介。みんなで筋トレ楽しもう♪YouTubeも配信中!

YouTube
Twitter
note

筋トレは限界まで追い込むべきか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ