NEW

比較は承認欲求を非合理的に満たす方法だ

【この記事のキーワード】

どうもこんにちは!
パーソナルトレーナの和希です!

今回は
比較は承認欲求を非合理的に満たす方法だ
についてお話ししていきます。

よし!!!
すごくいい調子だ!って自分の目標計画通りに進んでいる時に限って
誰かの何かか気になってついつい自分と比べて気持ちが萎えてしまったり
自分のことが疎かになったりしませんか?
ダイエット中でも誰かが気になりますよね。
結果せっかくいい調子だったのに、悩んでしまうわけですよね。

ではなぜ比較をしてしまうのでしょう?
比較する目的はやはり1つ、
「承認欲求を満たして安心したい」のです。
自分も捨てたもんじゃない。自分の方がマシ。
と思いたいのです。
というのも、もし自分で自分を肯定できて他人に認められたいという感情が全く
起きなければ比較するという発想は思いつかないでしょう。

まだ自分に納得できていないから自分の価値を確認するために
比較をしているのではないでしょうか?
けれど比較は非常に不合理な思考です。

理由は大きく3つあります。
①比較という心の動きはそもそも存在せずに
バーチャルな妄想でしかないから
②比較しても自分の状況が変わるわけではないから
③比較にて安心を得たいなら絶対的に完全に有利な立場でなければいけないが
それは実際問題不可能であるから

こうして文字に起こしてみると比較するという事が実は
不合理である事がわかります。
とはわかっていてもついつい妄想して比較してしまう。

比較しても無意味である事をロジック的に理解して
実際に比較した時に思い出す癖をつけて比較する事の回数が
少しづつ減らせるともっと過ごしやすくなるかもしれませんね!

●他のSNSはコチラ!
・インスタグラムはコチラ!
https://instagram.com/positive___chang1?igshid=eabxm278u442

・初心者ダイエットのためのNOTEはコチラ!
https://note.com/asitamopozi/magazines

Pick Up

比較は承認欲求を非合理的に満たす方法だのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ