NEW

トレーニングを継続できない人の5つの特徴

【この記事のキーワード】

 みなさん、こんにちは! 大阪でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナーとして活動している BODY PARTNARSの藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto)

 今年も残すところ1カ月となりましたが、みなさん「トレーニング」は続けていますか?

「定期的に続けいている」という人もいれば、「なかなか継続できていない」という人もいるでしょう。

 私も今年初めの段階では「週3日以上」と目標を掲げていましたが、実は何かと理由をつけて「全くできなかった週」もありました…(苦笑)。 

 ただ今は週2〜3回ペースをきちっと維持して取り組んでいます。ちなみに目的は「動ける身体」と「魅せれる身体」作りのためです。

 日本人の運動習慣の割合については、このような記事も上がっていました。

 厚生労働省の平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」による「運動習慣者の状況」は以下となっている。

 運動習慣のある者の割合は、男性で31.8%、女性で25.5%であり、この10 年間でみると、男性では有意な増減はなく、女性では有意に減少している。年齢階級別に見ると、その割合は、男女ともに20 歳代で最も低く、それぞれ17.6%、7.8%である。

 歩数の平均値は男性で6,794 歩、女性で5,942 歩であり、この10 年間で見ると、男女ともに有意な増減はみられない。年齢階級別にみると、20~64 歳の歩数は男性7,644 歩、女性6,705 歩であり、65 歳以上は男性5,417 歩、女性4,759 歩である。
(出典:一般社団法人日本生活習慣病予防協会 2020年05月20日記事より)

 男女合わせても大体30%前後…なかなか少ない数値ですよね。しかも、男女ともに20代が最も少ないという結果となっているそうです。

 もちろん理由は様々だと思いますが、少ない理由の一つに「離脱率」も挙げられるんじゃないかと考えています。一度トレーニングを始めたものの、何かしらの理由によって止めてしまうケースです。

 フィットネスクラブは最初の2〜3ヶ月以内の退会率が高いということも聞いたことがあります。

 なぜ、多くの人たちが途中で離脱・止めてしまうのでしょうか?今回の記事では、トレーニングの継続の仕方がわからない、継続できていないという人に向けて改善策をお伝えしたいと思います。

Contents
・なぜトレーニングが”継続”できないか
・トレーニングを継続できない人の5つ特徴
・トレーニングを継続するコツは2つ!
・この記事のまとめ

なぜトレーニングが”継続”できないか

 フィットネスクラブに入会した経験がある方は多いと思います。では、いざ入会・始めてから1年以上きちんと運動習慣を維持して継続できている人はどのくらいの割合でしょうか?

 なぜ、一度始めたトレーニングを継続することができないのでしょうか?

 正直、理由は人それぞれですが、以下のようなケースが多いんじゃないかなと思います。

 

トレーニングを継続できない人の5つの特徴

①運動の効果を実感できていない
②運動継続のメリットを理解していない
③目標設定をしていない(何となくになっている)
④時間がない
⑤運動に対しての優先順位が低い

 この中でも一番多い理由が「時間がない」です。また、「運動に対しての優先順位が低い」も多いですね。

 トレーニングを始めた当初は、気合を入れて週3~4回もやっていたのに日に日に、時間が経つにつれて…運動に対しての優先順位が低くなって他のことを優先し始め、最終的には「トレーニングするが時間がない」という王道の流れです。

 結局、「時間がない」は言い訳にしかなりません。時間の問題ではなく、「優先順位」の問題です。ここが本質的な理由だと思います。

 正直、運動することに対してのメリットは多くの人が知っているはず。ただ、いざトレーニングを実践してみると目先の効果ばかりに意識が働き、中長期的に継続できない人がほとんどです。

 

トレーニングを継続するコツは2つ!

 トレーニングを継続するコツは、いろいろな手段が考えられますが、今回は2つに絞ってお伝えしていきます。

①「選択肢を減らす」

 まず、「選択肢を減らす」ことが考えられます。1日24時間という一人ひとりに与えられた時間は、みんな平等です。その中で選択肢が増えすぎると、物理的にトレーニングする時間も少なくなってしまい、優先順位が低くなると削らざる終えない状況になってしまいます。

 トレーニング時間を確保するため、可能な範囲で『選択肢』を減らしましょう!
 

②「優先順位を高める」

 もう一つは単純に「優先順位を高める」ということ。運動を継続することのメリットを十分に理解して、目標を設定しましょう。そうすれば、より主体的に運動に取り組める状況になると思います。

 本気で叶えたいと思う目標を常に(毎日)意識すれば、自然と優先順位も上がっていくはずです。

 とくに最初は習慣化させるためには、時間も必要なので「目標」を考える時間はとても大切です。そして目標を考えたら、毎日、毎日、意識して取り組むようにしていきましょう。

トレーニングを継続できない人の5つの特徴のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ