NEW

太らない人がやっている大切な習慣!

【この記事のキーワード】

,

「あの人、結構食べるし、ストイックにトレーニングしたり、食事制限したりしているように見えないんだけどなぁ〜」

 そんな人、いますよね。

 太らない原因はなんなのか?

 もし身近にそんな人がいたら、この3つの中のどれか、もしくは全てが当てはまらないか、ぜひ聞いてみて下さい。

①早寝(早起き) 

 早寝といっても社会人なので理想は23時就寝くらいですが、日付が変わるまでには必ず寝る(もしくは、ほとんど夜更かししない)!

 質の高い睡眠は、翌日以降の基礎代謝を高めてくれますが、23時〜翌2時くらいは睡眠の質が最も高まるため、この時間帯に寝ているかどうかが大切になってきます。

 また、長期間、この時間帯に睡眠を取らない生活をしていると、脂肪がエネルギーに代わりにくい体質になってしまうことも…。

 

②起きてすぐに運動をしている

 起床してから間もない時間帯も、一種のゴールデンタイムです。脂肪がエネルギーに代わりやすい時間帯になります。

 朝にその日のトレーニングを終えてしまう、アクティブに活動する。

 これは、①で挙げた「早寝」とも関係していて、やっぱり早く寝る方は早く目が覚める可能性が高くなり、朝の時間を有効に使おうと考えます(もしくは、夜は早めに寝るので、時間が取れないから朝トレーニングをしてしまおうと考える)。

 こういう好循環のサイクルになる可能性が高くなるわけです。

 

③夕食に爆食いしない

 夜の遅い時間帯は、消化機能が低下します。よって、脂肪がつきやすくなる、という訳です。

 さらに、これも①、②とリンクしていて、食事をしてすぐ寝ると、臓器が休まらないために睡眠の質が下がってしまいます。

 食事をしてから就寝まで3時間は欲しいところですが、就寝時間が早いと、その分、夕食を早くとりがちになる、という側面があります。

***

 いかがでしょうか?

 それぞれ全く無関係という訳でもないので、1つ当てはまった方は、2つ、3つ当てはまる可能性が高いのではないかと思います。

 ぜひ、生活のサイクルを見直して、好循環の流れに乗って太りにくい体質、太りにくい生活を目指してみて下さい!

Pick Up

太らない人がやっている大切な習慣!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ