NEW

シューズの性能を生かす靴ひもの通し方

【この記事のキーワード】

, , ,

 シューズの性能は飛躍的に向上しています。特にレース用のシューズは、陸上用のスパイクと同じようにカーボンプレートを搭載したシューズも販売されています。

 しかし、シューズの性能をすべて引き出すには足にフィットしていなければなりません。そのためには靴ひも(シューレース)の結び方が重要になってきます。

 今回は俺流「靴ひもの通し方」を紹介していきます。

目次
■シューズを買ったらまずやること
■靴ひもの「俺流」通し方
■ここが通し方のキモ!
■靴ひもを結ぶときに注意すること
■まとめ
■番外編

シューズを買ったらまずやること

 シューズを買ったら、まず僕がやることがあります。それは…

 靴ひもをすべて外す

 そして、シューズに自分の足を入れた状態で靴ひもを通していきます。

 靴ひもは最初から通っているのですが、他に試し履きをしている方がいると、左右のバランスが悪くなっている場合があります。

「気にしすぎじゃない?」と思われる方もいると思いますが、僕は左右が同じ長さにしておかないとうまく結べないんです。

 靴ひもをうまく結べないと、シューズとのフィット感にも影響します。

 

靴ひもの「俺流」通し方

 靴ひもを穴に通す時、通し方は2つ。

1. 穴の上から通す
2. 穴の下から通す

 僕は「穴の上から通す」を選択しています。理由は靴ひもを穴の上から通した場合、シューズのアッパーを下に引っ張る形になるので、シューズ全体を足にフィットしやすくなると感じているためです。

 下からを通すと、シューズのアッパーを下から上へ引っ張る形になります。足の幅が狭い方や足の甲が低い方はこちらでも問題ないとは思いますが、個人的には、やはり靴ひもは穴の上から通す方が合っています。

 そして下の靴ひもが内側へ、上の靴ひもが外側になるように通していきます。

 このように通すことで、よりフィット感を出していきます。

 

ここが通し方のキモ!

 最終的に、このように靴ひもを通していきます。

 最後にちょっとした工夫をすると、足首周りにもシューズがフィットして一体感が増します。

 その通し方です。

 ラスト2つ目の穴は靴ひもを内側から通し、最後の穴に外側から通します

 靴ひもが輪の状態になったところに、逆側から通してきた靴ひもを輪の中に通します。

 左右の靴ひもを引っ張って、自分の足とシューズをフィットさせます。

 結んで完成です。

 走っている時にシューズの中で足が遊んでしまう方、ぜひこの靴ひもの通し方を試してみてください。

 

靴ひもを結ぶときに注意すること

 それは、つま先を上にあげて靴ひもを結ぶということです。

 つま先を上にあげて靴ひもを結ぶと、足首周辺に大きな筋がでます。

 この筋を出した状態で靴ひもを結びましょう。そうすると、走っている時圧迫感を感じることが少なくなります。さらにカカトの位置もしっかり固定されるので、シューズがより足にフィットするようになります。

 仮に下のような写真で靴ひもを結んだとします。足の筋が出ていない状態です。

 そうすると、実際に走る時に先ほどの足の筋がシューズに圧迫され、痛くなってきたり擦れたりします。

 

まとめ

 走る時、シューズの性能を最大限生かすには足にフィットさせることが重要です。そのためには、靴ひもの通し方が一番大事なのです。

 今回紹介した方法を参考にして、ご自身に合った靴ひもの通し方を見つけてみてください。

 

番外編

 僕は走るのを引退したシューズを普段履きにすることが多いです。ほぼ歩きで使用するので、靴ひもを写真のようなものに交換しています。

 結ばない靴ひも、キャタピーです。

 普段履きの靴ひもは、1回1回結ぶのは面倒臭いし、中途半端に靴ひも結ぶと足がシューズの中で遊んでしまって歩きにくいですよね。

 最悪、靴づれを起こしたり、ケガをするかもしれません。

 そのため、結ばなくても済むキャタピーを普段履きでは愛用しています。気になる方はチェックしてみてください!

北野 健太郎/Kentaro Kitano
【効率よく走れれば楽に早く走れる】がモットー。
幅広い世代に長距離のカラダの使い方を中心に教えています。
日本陸連ジュニアコーチ/ニッポンランナーズ佐倉 ランニングコーチ&ステイヤング(シニアクラス)コーチ/
フルマラソンベスト:2時間58分
note
instagram
Twitter

シューズの性能を生かす靴ひもの通し方のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ