NEW

睡眠の質を上げるには「これ」をしろ!

【この記事のキーワード】

,

 睡眠に悩むがある方に向けて、今回は睡眠の質を上げる方法をご紹介します。睡眠の質を下げる原因も書いてますので、ぜひ最後までご覧ください!

目次
・交互浴
・生活習慣を整える
・筋トレ
・GABA(ギャバ)
・まとめ

交互浴

 交互浴とは熱いお湯に浸かり、その後、冷たいシャワーを浴びる行為を交互に繰り返す入浴方法です。

 睡眠の質が向上しない主な原因としてストレスが大きく関わっており、そういったストレスのせいで自律神経が乱れている方が多いのです。この自律神経を正常に整えてあげる事で改善する見込みがあります。

 その一つの方法として交互浴があり、温浴は副交感神経を刺激し、冷浴は交感神経を刺激します。これを交互に行うことで自律神経の切り替えのバランスが整えられると言われてます。

【やり方】
・数分熱めのお湯に浸かる→1分ほどシャワーを浴びる 
(これを3、4回程度繰り返し最後は冷水で終える)

※身体への負担が大きいので高血圧の方や心臓が弱い方などは医師の判断の元行ってください。

 

生活習慣を整える

 寝る前に携帯を見ていたりすると、ブルーライトの影響で寝付けが悪くなります(※夜中は出来るだけ携帯やパソコンを使い過ぎないようにしましょう)。

 また、肩周りのマッサージをすると、血流が良くなり、疲労感が解消されます。副交感神経の活性化にも繋がります。

 また、朝起きたらまずは水をコップ一杯飲みましょう。そうする事で、胃腸を目覚めさせ、活性化させることにより自律神経が刺激されやすくなります。

 

筋トレ

 もしかしたら、これが一番期待できるかもしれません。筋トレはもちろんつらいですし、疲れます。しかし、その疲労感によって、夜になると自然と眠気を感じ、寝付きがよくなります

 それ以外にも、人間は精神的ストレスよりも身体的ストレスの方を優先して処理するので、精神的ストレスを抱えてる方はぜひ筋トレをしてみてください。ストレスを抱えていると思考もネガティブになりがちですが、筋トレをする事によりポジティブな思考に変わります。

 

GABA(ギャバ)

 GABAはわたしたちの体内で神経伝達物質として働き、ストレスを和らげて脳の興奮を鎮める効果があるとされている成分です。身体をリラックスさせる働きがあるため、安眠や血圧低下にも効果があります。

 ストレスや緊張が多く交感神経優位な状態が続く方にとってリラックス作用のあるGABAは、自律神経のバランスを整えることに役立ちます。

【GABAを多く含む食材】
・キムチ、じゃがいも、納豆、チョコなど

 サプリメントもあるので、一度試してみると改善するかもしれません(※夜遅くまで故意的に起きていたり、カフェインを多くとっていたり等していると効果は感じられない可能性は高いです)。

 

まとめ

 いくつか紹介してきましたが、個人的に一番のオススメは筋トレをする事です! 筋トレをした事ない方はぜひトライしてみてください!!

 

茂呂正太(Shota Moro)
某大手パーソナルジムで累計700名以上のお客様を指導。高校時代からトレーニングを始め、トレーニング歴は9年。「もっと多くの人の人生を変えたい」という想いから、現在はオンラインでの食事指導のサービスを提供。YouTubeもやっております!

note
Twitter
YouTube

Pick Up

睡眠の質を上げるには「これ」をしろ!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ