NEW

カロリー計算できてますか?

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。


エネルギー収支と筋肥大

人間の体重は、1日に消費するエネルギー量(カロリー)7より摂取エネルギー量が多ければ、カロリーオーバーで増えていく。逆に消費エネルギー量のほうが多いとカロリー不足で痩せていく。基本的に体重の増減はこのエネルギー収支で決まる。

理論的にカロリー不足の状態で筋肥大することは難しい。筋肉を太く大きくするためにはタンパク質が必要となるが、カロリー不足の場合、糖質や脂質だけでは足りずタンパク質もエネルギー源として代謝される。

ボディービルダーが筋肥大を狙う時期は、食事による摂取エネルギー量を増やし、増量しながら筋肉を大きくしていく。これは一般のトレーニーが筋肥大を狙う場合も同じである。

ただし、過体重者の場合は十分なエネルギーが体内に蓄えられているため、摂取エネルギー量を維持または減らしてタンパク質の摂取比率を高めれば、増量しなくてもある程度の筋肥大は可能と考えられる。

 

運動以外のエネルギー代謝

人間がエネルギーを摂取する手段は食事に限られるが、エネルギーの消費に関しては、主に「基礎代謝」「生活活動代謝」「食事誘発性熱産性」という3つの消費(代謝)活動が行われている。これらを足した総計が人間の消費エネルギー量となる。

 

◎基礎代謝・・・

生命維持に必要な代謝活動で24時間代謝が行われる。


◎生活活動代謝・・・

日常生活動作や運動などで体を動かす代謝活動。

 

◎食事誘発性熱産性・・・

食物を消化吸収する代謝活動で、タンパク質の消化吸収に最もエネルギーを使う。

 

~推定エネルギー必要量(Kcal/日)~

 

 

 

~日本人の基礎代謝基準値~

 

 

 

~3つのエネルギー代謝活動~

 

カロリー計算できてますか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ