NEW

“引き算”で背骨(姿勢)の歪みを防いで病気を予防する方法

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

本日のテーマは「背骨(姿勢)と体調不良の関係」について、“引き算”のアプローチで体調を整える方法です。

私たちの背骨(姿勢)の歪みは、あらゆる不調の原因になります。様々な病気を予防するためにも背骨(姿勢)が歪まない身体の使い方をマスターしておきましょう。

 

ケガや事故、精神的なダメージや内臓疾患なども、背骨(姿勢)の歪みの原因になります。しかし、背骨(姿勢)の歪みの原因の多くは、「身体の使い方」にあります

職業や生活習慣により、同じ姿勢を長時間続け、同じような動きを繰り返し行っていると、筋肉のバランスの崩れ、背骨の変形、内臓の圧迫などが起こります。

それを放置することで、血流や内臓の働きが悪くなり自然治癒力が低下してしまいます。
自然治癒力が低下していると些細なことでも体調を崩しやすくなり、さまざまな不調を引き起こしてしまいます。


≪まずは歪みを生み出す原因を消去!≫

そこで、背骨(姿勢)の歪みを改善するエクササイズを行う“足し算”のアプローチではなく、まずは、“引き算”のアプローチで、背骨(姿勢)の歪みを生み出す原因を日常生活の中から消去していきましょう。


≪今すぐ消去したい「11個」の歪みを生み出す原因  ・前編≫

歪みを生み出す原因は、「えっ、そんなこと」と思うような些細なことばかりです。しかしそれが落とし穴なのです。なぜならば、些細なことゆえに軽視してしまいがちだからです。

私たちは、小さな習慣の力を過小評価して、大きな損失に直面するまで気づかない習性があるので、今回と次回の2編でお伝えする小さな11個の項目の優先順位を意識して高めていきましょう。


1:食卓の席

身体をねじってテレビを見ながら食事をしていませんか?可能ならばテレビの位置を変え、無理ならば自分が座っている食卓の席を定期的に変えましょう。

 

2:左右バランスよく噛む

食事のときに、同じ側の歯ばかりで噛んでいると首や頭の骨が歪みやすくなり頭痛の原因になります。左右の歯をバランスよく使って噛むようにしましょう。

 

3:鞄は左右交互に持つ

鞄をいつも同じ側に持ったり、同じ側の肩にかけたりしていると肩の高さの左右差が生じやすいので注意しましょう。

 

4:基本は真ん中重心

バス停・駅のホーム・電車の車内など、立っているときに同じ側の足にばかり重心を置いていると、筋肉のバランスを崩す原因になりますので、片側重心の癖は捨てましょう。

 

5:机・椅子・モニター・キーボードの高さを調整

デスクワーク中に猫背が続くと背骨の歪みの原因になります。デスク周りの備品は猫背になりにくい配置を考えましょう。

 

長くなったので、6~11は次回お届けします。まずは、今回の5つを意識して改善していきましょう。

今回の記事に「いいね」と感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日もNG姿勢に注意して、バランスよく歩きましょう!
マハロ~

Pick Up

“引き算”で背骨(姿勢)の歪みを防いで病気を予防する方法のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ