NEW

減量中は脚トレを捨てて上半身の筋肉を守れ!!

【この記事のキーワード】

,

 今日は「減量中は脚トレを捨てて上半身の筋肉を守れ」というお話をしたいと思います。

 いきなりいろんな人から叱られそうなタイトルですが、今回は私のように、せっかくつけた上半身の筋肉を減量中に1mmたりとも失いたくないという人に向けた戦略のお話です。

 早速本題に入りますが、みなさんは全身の筋肉量における下半身の占める割合はどれくらいかご存じでしょうか?

 実は6~7割と言われています。相当な量を下半身の筋肉が占めているという事になりますね。

 減量中というのは、家計で言えば収入が減り、赤字の状態で、できるだけ節約しなければならないという状況です。生活を維持するのがやっとの状態で、余計なコストはできるだけカットしたいわけですが、そのコストの6~7割を占める脚トレを捨てる事で大幅なコストカットが実現できるという事なんです。

 これはクリスチャン・ティボーのmuscle migrationの考え方が元になっています。元々は遺伝的な限界まで筋量が到達した場合、各部位のトレーニング強度を調整して、大きくしたい部位に他から筋肉を移動させる、という考え方です。

 筋肉が移動するというと多少の語弊があるかと思いますが、割り振りをやり直す、という感じの方がイメージとしては正しいのかもしれません。もちろん、減量期は筋肉量の遺伝的な限界を迎えた状態とは全く違っていますが、増量期にしっかりと下半身にため込んだ筋肉をある程度犠牲にしながら、上半身の筋肉を守るという考え方や方法論は同じという事になります。

 基本的に、下半身のトレーニングをやらないだけで、他の部位の強度は上げないようにするのがポイントです。

 もともと他の部位のトレーニングボリュームが最適に調整されているという前提ではありますが、下半身のトレーニングを削ったとしても他の部位のオーバートレーニングが避けられるとは限りません。実際にトレーニングトータルでのボリュームは減るので、他の部位でトレーニングが足りていない部位があるのであれば、それを埋めるのは良いと思います。

 ボディメイクで目指すスタイルは人それぞれです。私の場合は、低身長で脚が短く、ボトムヘビーな体型にはできるだけなりたくありません。ビルパンをはいていつも脚を全部出しているのならともかく、普段着では、ただのずんぐりむっくりのおっさんになってしまうわけですから。

 ただ脚トレが嫌いというわけではなく、むしろ好きな方なので、増量期には目いっぱいやるようにしています。減量期はその貯金を上半身の筋量を維持するためと、減量を早く進ませるためだけに利用します。

 私がもしボディビルダーならばこんな戦略は絶対にとらないですが、今後コンテストに出たとしてもフィジーク以下のクラスになると思います。今の時代はフィジークでも脚の筋量が求められるところですが、何度も言いますが、私はあまり太い脚が似合わないし、そもそも求めていません。

 自分が目指す体型に合わせて戦略を考えて、それがばっちりはまると本当い筋トレやっててよかったと思いますよね。私が目指しているスタイルと同じようなスタイルを目指しているかたは、今回の方法を試してみる価値は十分あると思います!

6畳筋トレタカ
ホームジムで筋トレを始めて5年。毎日勉強!毎日筋トレ!普通の人が筋トレでボディメイクしていく方法を発信。自宅でも十分筋トレができる器具も紹介。みんなで筋トレ楽しもう♪YouTubeも配信中!

YouTube
Twitter
note

Pick Up

減量中は脚トレを捨てて上半身の筋肉を守れ!!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ