NEW

コーヒーの健康効果とは?

【この記事のキーワード】

,

 コーヒーは、「発がん性がある」「適量なら健康に良い」など賛否両論あります。

 今回はそれぞれの根拠となるコーヒーの成分について、紹介していきます。

目次
・コーヒーといえばカフェイン
・ポリフェノールの健康効果
・発がん性が懸念される2つの成分
・まとめ

コーヒーといえばカフェイン

 まず、コーヒーに含まれる成分から考えていきます。

 コーヒーに含まれる成分で健康に影響を及ぼす可能性がある成分はカフェイン、クロロゲン酸、ニコチン酸、トリゴネリン、カフェ酸(コーヒーアシッド)、アクリルアミドなどが挙げられます。

 そんな中でもカフェインは、恐らく皆さんも一番最初に頭に浮かんだ成分だと思います。

 カフェインの代表的な作用は交感神経優位にし、身体を覚醒させることです。この覚醒作用を求めてコーヒーを飲む方も多いと思います。

 カフェインには血管拡張作用や利尿作用、アセトアルデヒドを排出する作用(二日酔いに効く)、強心作用(心臓の収縮力を強める)、胃液の分泌促進などの作用があります。

 血管拡張作用など身体にうれしい効果もありますが、昼夜問わずに摂取することや多量に摂取することはお勧めしません。

 交感神経優位な状態が常に続くと、身体は慢性炎症を起こします。その結果、様々な疾病につながるので気を付けましょう。

 また、睡眠の質も悪くし、サーカディアンリズムの乱れの原因になり兼ねないので注意が必要です。

 

ポリフェノールの健康効果

 コーヒーが健康に良いとされる理由は、主にポリフェノール群によるものです。ポリフェノールには抗酸化作用、抗がん作用、抗アレルギー作用、脂肪燃焼、抗菌作用など多くの効果が期待できる成分です。

 コーヒーに含まれるポリフェノールは主にクロロゲン酸とニコチン酸、トリゴネリンの3つです。

●脂肪燃焼効果があるクロロゲン酸

 クロロゲン酸はポリフェノールの一種になります。コーヒーにダイエット効果があると言われるのはこのクロロゲン酸によるものです。脂肪の貯蔵を抑え、脂肪燃焼を促進する作用があります。

 しかし、そういった成分は数多くあり、皆さんが期待するほど大きな効果は得られないため、あまりアテにしない方が良いでしょうか。

 

●エネ代謝に欠かせないニコチン酸

 ニコチン酸はニコチンアミドと総称でNADと言います。NADは簡単に言えば、ナイアシンが活性化した物質で、ビタミンAの代謝やアルコール代謝、この他にもエネルギー代謝の促進など多くの生理機能に関わっている成分になります。

 

●認知症に効くトリゴネリン

 トリゴネリンは脳の老化やアルツハイマー型認知症の予防効果が期待できるとされています。しかし、熱に弱い性質を持つ成分であるため、コーヒーでは焙煎の段階でかなり消失してしまいます。

 また、トリゴネリンは熱によって分解され、ニコチン酸に変換されるため、コーヒーを飲む段階ではほとんどニコチン酸に変換されています。

 

発がん性が懸念される2つの成分

 コーヒーに発がん性があるとされる理由となる成分は主に2つあります。アクリルアミドとカフェ酸(コーヒーアシッド)です。

●アクリルアミド

 アクリルアミドは、国際がん研究機関(IARC)が発表している「ヒト発がん性物質」の評価の中でも、2番目に高い「2A」(ヒトに対しておそらく発がん性がある)に評価されています。

 アクリルアミドはコーヒーに限らず、アミノ酸や糖類が焦げ付いた時にできる化学物質なので、焦がした食品には基本的に含まれます。

 

●カフェ酸(コーヒーアシッド)

 コーヒー酸とも呼ばれ、こちらも発がん性物質になります。

 しかし、評価のランクは2B(ヒトに対して発がん性があるかもしれない)なので、アクリルアミドほどではありません。

 

まとめ

 コーヒーの健康効果の結論として、「どちらとも言い難い」です。

 以前はコーヒー自体、もしくは、カフェインに発がん性があると言われていましたが、コーヒー自体やカフェインには発がん性は確認されず、アクリルアミドやカフェ酸にその可能性があることに落ち着いています。

 適度であれば、健康に対して良質な効果は期待できますが、ポリフェノールやナイアシンなどは他の食品・食材からでも十分に摂取することができるため、無理にコーヒーからとる必要はないでしょう。

 むしろ、コーヒーの飲み過ぎによる弊害は少なくとも上記に記載した内容が考えられるため気をつけたいところですね。

 コーヒーに限ったことではないですが、どんな食材・食品にも多かれ少なかれ良いとされる成分と悪いとされる成分が含まれます。

 それらすべてを把握することは難しいですが、明らかに身体に悪いということが分かっているものはできるだけ避けていきたいですね。

鈴木寛太(KANTA SUZUKI)
パーソナルトレーナー。活動地域:愛知県。
本来あるべき機能を取り戻すことこそ“ストレスから解放されるカギ”をモットーに日々活動中。動かしやすい身体は人生を豊かなものにしてくれます。皆様に身体づくりのヒントをお伝えできたらと思っております。


Twitter

Instagram
note

コーヒーの健康効果とは?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ