NEW

【ウォーキングで痩せない?】…効果を感じないときは?

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~! 講師歴30年超えの姿勢改善ダイエットの専門家
☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!

今回は「ウォーキングを始めたけれど効果がでないのよね」という人が、健康的に痩せる方法をご紹介します。

 

≪本当に効果はありませんか?≫

「ウォーキングを始めたけれど効果がでないのよね」という人。

そもそも、この人の言う「効果」とは何なのか?その答えによって、話が変わってきますので、ここでは「ダイエット効果」として話を進めます。

食事・運動・仕事などの生活習慣は今まで通りで、そこに効果的なウォーキング習慣を加えたのであれば、やがてダイエット効果は出てきます!

では「効果がでないのよね」とつぶやくのは何故なのか?考えられる理由をあげてみましょう。


≪ウォーキングでダイエット効果を感じない理由とは?≫

1:ウォーキングを開始してから、まだ一週間も経っていない。

2:たらたらと数分歩くだけで、運動強度も時間も頻度も少なかった。

3:ウォーキングを開始してから食欲が出てきたため「歩いた自分へのご褒美」と理由をつけながら飲食の量が増えている。

4:実際はダイエット効果が出ているけれど、本人が自覚できていない。


≪ダイエット効果を自覚できていない4つ理由とは?≫

上記の4つ目にあげた「実際はダイエット効果が出ているけれど、本人が自覚できていないケース」の理由は、主に次の4つがあります。

1:体重計で体重のみを測っていたために、体脂肪が減少した体質の改善効果に気づいていない。

2:体重計で体重のみを測っていたために、体形の嬉しい変化に気づいていない。

3:体重を測る時間・タイミングがバラバラであったために正しく比較できていない。

4:体重が変わらないから、本人は効果無しだと思っている。
→・・・実際は、ウォーキング開始前からかなりの過食でどんどん太っていた時に始めたウォーキングで、体重の増加が止まっていた。

もし、ウォーキングを開始していなければ「増えていたはずの体重が増えていない」というダイエット効果を見過ごしている。

以上、いかがでしたか?

 

体重の増減だけにとらわれずに、客観的に自分を観察してダイエットの嬉しい効果を感じ取りましょう。

ダイエットの効果は、目に見える変化だけではありません。内臓脂肪の減少により病気のリスクが減るなど「見えない変化」こそ大切なものです。


≪今回のまとめ≫

ウォーキングの消費カロリーは「1.05×METs(運動強度)×時間×体重」という計算式で導きます。消費カロリーを増やしてダイエット効果を高めるためには、ウォーキング時間を徐々に増やすこと。慣れてきたら徐々にスピードをあげてMETs(運動強度)も高めましょう。

やがて、「歩くと気持ちがいい」「身体を動かすとスッキリする」と、運動に対するイメージが上書きされてくるかもしれませんよ。

当たり前のことをコツコツと続けることで、結果がでてきます。焦らずに続けていきましょう!


≪次回予告≫

次回は「食べたいものも我慢して嫌いな運動も頑張っているのに、たるんだお腹は相変わらず1ミリも痩せない…」という人が、健康的に痩せる方法をご紹介します。
お楽しみに~。


今回の記事に「いいね」と感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどでこの記事のリンクアドレスをシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日もOKウォークで、風を感じて颯爽と歩きましょう!
マハロ~

【ウォーキングで痩せない?】…効果を感じないときは?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ